茨城県の山登り記録に戻る

 

ポールワーズの登山ザック購入

 

POLEWARDS/ポールワーズ  型番:PWZ15S0113を購入記事♪

2015年6月7日の宝篋山山登り記事にも書きましたが、宝篋山に登った帰り道、

スーパースポーツゼビオかしわ沼南 WOOWCITY店で日本製のザックを購入しました。最初、ポールワーズというブランドを初めて耳にしたので女性の店員さんの話を聞いてみると、1956年に、日本初の南極観測隊のチームが南極点に到着しましたが、その時にダウンジャケットのサポートしていた会社だったようで、その後、2013年にアウトドアブランドとして展開された企業のようです。(笑) さて。。。。左側にはトレッキングポール。。右側のポケットにはペットボトルをセットしたところです。多分。。こんな感じのザックを背負って山登りすることになるんだろうなぁ~~。って妄想中。

 

左側にはザックを開けることなく、サイドのジッパーを開けば中の物が取り出せます。また、もう一つサイド(フロントポケット部分)に収納箇所があって、薄手のジャンパーぐらいなら軽く入ってしまう容量があります。

 

横のポケットにはペットボトルが入りますが、なんと。。1Lのペットボトルが入ってしまいます。

これは便利かも♪

 

左側にはトレッキングポールをセット♪

 

背の部分(背面パット)はご覧のような背中の熱を逃がすような構造になっています。

 

ご覧のように。。チェストハーネスには、緊急用の笛が付いてました(笑)

その他、雨蓋(リッド)部分にもチャックがあり収納できるような構造になっています。容量は25Lと今まで使っていたザック30Lよりちょっと小さ目ですが、日帰り登山なのでこれで十分でしょう。重量は、今まで使っていたドイター(Deuter) トランスアルパイン30(1250g)より340g軽く 910gです。背面長43センチ     ナイロンPUコーティング 100%ちなみにレインカバーも標準でセットされてます♪ ベトナムで作っていますが流石日本製。。ポールワーズのザックってチョットしたところの気配りがイイ感じなので使うのが楽しみです♪

2015年6月13日  新しいザックを背負って難台山に登ってきました。(笑)

感想は、バイク用のトランスアルパイン30と違い、リュックを腰で背負いやすいこと。肩に掛けるショルダーストラップの形状が違うからか、肩が動かしやすいのでストックが扱いやすかったです。ただ。サイドポケットがリュックにぴったりと設計されているので、リュックの中に荷物をパンパンに入れるとサイドポケットに荷物が入らなくなるという弱点がありました。(笑)

★人気のリュック・ブランド別ザック★

★好日山Webショップ★

 

 

  

上に戻る