茨城県の山登り記録TOPに戻る

 

筑波山-ハイキング写真

 

 

筑波山ハイキング写真20140927

筑波山(男体山) 2013.11.30

筑波山(女体山)山登り 2013.11.17

筑波山と笠間スナップ写真 2013.8.31

筑波山スナップ写真 2002.5.28 

 

筑波山-ハイキング 20140927

昨夜は焼酎をチョット飲みすぎましたが、朝は6時に起床し久しぶりに筑波山に向かいました。最近は宝篋山ばかり登ってましたが、今日はなんか人恋しい。。人の声が聞こえるような登山道を歩きたくなったので、普段は嫌っている筑波山ですがデジカメ写真撮影を楽しみながら勝負登山!(笑) 

一般道で自宅から筑波山まで、距離にして片道70キロ弱なので、近いと言えば近いほうです。

千葉県には山がほとんどないので、近県の茨城県への出陣が多いですねぇ~。。

到着は9時チョット前。500円払い筑波山神社 市営第三駐車場に止めました。

パーキングではとりあえず左足の小指の感覚が鈍くなっているような。。チョット気にはなりましたが、左膝の痛みの方が心配だったので、事前にシップをしたうえからサポーターを巻き出陣です♪

筑波山、紅葉の時期になると、間違いなくこの時間だとパーキングは満車になってるんでしょうねぇ~。

登山道へはご覧のような商店街を歩いて筑波山神社を目指します。

筑波山神社近くのパーキングは一日800円と高いので、その手前にある私営パーキングに止めた方が安いです。

ご覧のように筑波山神社は人。。人。。(笑)

険しい階段を上り、しばらくするとケーブルカーの乗り場がありますが、歩いて登る人は脇にある登山道で登っていきます

山頂までは約2キロ。。時間にして1時間半ぐらいですが、ノンビリ歩くと2時間チョイぐらいかかるかなぁ~。

 

 

前回、この神社ではお参りしたので今日はパス。。

登山道へ~~。

振り返ると、2013年の8月にこの男体山を登ろうとやってきましたが、体重が重くて筑波山神社、そしてケーブルカー乗り場にたどり着いたときには、すでにヘロヘロになってしまった悔しさから、減量を兼ね山登りを始めたんですが、今では、体重も10キロ弱減量出来、体力も付きましたが、この看板を見ても気負いはしなくなりました。(笑)。

一年前、この男体山での挫折から始まった、そんな想い出のある場所でもあります♪

最初は木々の根っこの上を登っていくような登山道ですが、ほとんどが、なだらかな道は少なくて、小さな岩を登っていく。。そんな登山道になってます。

正直、人も多くて楽しい登山道ではないなぁ~~。

難台山とは大違いで、登山道の幅が狭く窮屈なので、下山する人とすれ違う時気を使います。

ところどころに綺麗な花が咲いていて、写真撮影を楽しんでいる女性もいましたが、今はみ~んなデジカメじゃなくてスマホなんですね。

岩、そして根っこの上は滑り易いのでノンビリ、ゆっくりと登っていったほうが安全ですね。

ケーブルカーです。

ちなみに、今日は登りは歩きますが下山はケーブルカーで降りる予定です。

登山客が多いですねぇ~。登りが渋滞中。

御幸ヶ原到着。ここから300メートル登ると男体山山頂です。

山頂近くは、岩を登るような感じでチョット怖いですが、なんとか到着!!。曇っていたのでイマイチでしたが達成感はあったような。。(笑)

標高871メートルです。寒かったぁぁ~~~~~。風邪ひきそうだったので、さっさと撤退でした。(笑)

帰りはコマ展望台のお土産屋さんで、カエルのストラップをゲット♪

下山は予定通りケーブルカーであっという間に下山できましたぁ~

時刻は12時を過ぎていたので、出前一丁のカップ麺を頂くことにしました。

出前一丁のラーメンだと思ってたんですが、なんと焼きそばだったのはショックだったなぁ~~。

温かいスープが飲みたかったんだよねぇ~~トホホ。

でも、お腹が空いていたので、何を食べても美味しく感じられるのは嬉しいですね。(笑)

我ながら、山登りを始めた甲斐があり、随分体力が付いてきたように思います。

山登りは健康にイイですね~。なので無理せず長く続けたいです。

自分よりご年配のご夫婦が仲良く登っているのを見ると羨ましく感じる今日この頃です。。

「西の富士、東の筑波」と富士山と並び称される筑波山ですが、日本百名山の中でも、標高が低く、比較的気軽に登山が楽しめる山としても有名ですが、自分は正直あまり好きな登山道ではありません。次回は難台山かな♪

  

上に戻る