茨城県の山登り記録TOPに戻る

 

雪道-靴滑り止め購入

 

 

去年から始めたばかりの軽登山ですが、釣りのときと違って事前に車に積み込む道具が少なくて済むので助かってます。事前準備が楽なので山登りの方が出かける回数の方が増えると思ってますが、調べてみると2014年はなにやら雪多く寒さも厳しくなるという予報が出ていました。雪道は滑って危険なので出来る限り歩きたくないものですね。

さて、自分的には山登りで雪道を歩くことはまず無いと思ってますが、通勤のときに雪の上を歩くことは有り得そうなので、雪の上を歩いても滑らくなるような、靴に取り付ける滑り止めを検索したみたところ、ありました!!(笑)   コレです→

わずか80グラムのコンパクトアイスグラバーと呼ばれるもので、金属製の7本のピンが雪道をがっちりグリップするので、転倒の危険から身を守ってくれる。もちろん市街地などでも利用できる!!ご覧のように、ゴム部分には7本のピンが取り付けられていて、マジックテープで簡単に靴にセットできるようになってました。

トレッキングシューズではありませんが、玄関にあったウォーキングシューズに取り付けてみると、結構ガッチリと付きますねぇ~。それに、マジックテープも長いので、殆どの靴にピッタリと取り付けができると思います。

こんな感じになるのかな~♪

携帯用の収納袋が付属しているので、通勤の時や山登り時の時には、リュック(ザック)の中に入れて持ち運ぶことも出来そうですね。

 

イザと言うときに使えそうだし、なにしろ軽くて持ち運びしやすい♪

この手のスノースパイクは雪が降る前から、事前に準備しておいた方がイイかもですね♪。さて、早速こんな場所で使いました。積雪40センチぐらいかな♪

resize0948.jpg

resize0943.jpg

 

ロゴスのコンパクトアイスグラバーの本音レビューです♪

深い雪の中でも、雪が積もって無い場所でも。。。すぐに靴から外れてしまい、使い物にならないことが判明!。マジックテープが剥がれて靴から外れるのではなく、歩いていると靴の先端の方に移動してスッポ抜ける感じです。

ロゴスのコンパクトアイスグラバーは買って大失敗の商品でした。

今回買った、靴にマジックテープで簡単に取り付けられるタイプのものや、ひっかけるだけの商品を調べてみると、結構外れやすいので、一般道での雪道でも、雪の積もった山道でも使い物にならないことが判明!。特に、マジックテープで付けるタイプは、10歩も歩けば靴から外れてしまいます。

 

次に購入した商品は!! ということで。。。。

きちんと固定できて外れにくいスノースパイクを探してみたところ、こんなのがあったので、今度はこちらをゲットです。

VAXPOT アイスグリッパーです。

 

VAXPOT アイスグリッパーが届きました♪

resize1025.jpg

 

resize1024.jpg

ゴムは寒い環境でも固くなりにくそうな素材。

 

resize1023.jpg

取り付けはもっと面倒なのかと思ったけど、超簡単!! 靴を履いたままの状態で取り付けられます。

resize1021.jpg

横からみた写真

 

resize1028.jpg

後ろからの写真。

 

resize1022.jpg

底の部分は、ご覧のようにゴム部にもギザギザがあるので更に滑りにくい構造になtってます。

 

resize1020.jpg

二度目に購入したVAXPOT アイスグリッパーは、値段が安いのにも関わらずシッカリした作りで、当然ながら雪道でも外れなかったので買って大正解でした♪

 

VAXPOT アイスグリッパー装着レビュー

2週連続で雪が降りましたが、今回の雪は凄く滑りやすい雪質でした。特にコンクリート(アスファルト)の路面の上に薄く積もった雪の上が物凄く滑りやすく危なかったので、早速、購入したアイスグリッパー(スノースパイク)を通勤靴に取り付けて地元の駅から自宅まで歩いてみました。

取り付けも簡単。。。。薄くなった頭皮を雪で濡らすこともなくサクっと装着できました。恐る恐る歩いてみると。。あれ!?大げさじゃなく滑りません。走っても大丈夫です!!

 

足跡を確認すると、真ん中にはゴム部のギザギザがあるのが見えますか!それに加え、前後にはスパイクの跡が残ってますが、このスパイクの鋲部分(10箇所)が、雪に刺さり、そしてコンクリートにガッチリ当たるので滑らなくなるようでした。

これは買って大正解。雪道。氷付いた舗装路でも滑らなくなります。こっちの滑り止めタイプは購入して大正解でしたよ(笑)

 楽天>>アイスグリッパー一覧

 

 

 

上に戻る