茨城県の山登り記録に戻る

 

旅行用リュック(ザック)購入記

 

もう少し詳しいリュックの紹介はコチラです>>deuterトランスアルパイン30購入記

 

旅行用リュック(ザック)購入記

リュックを持って関西旅行記

リュックを持って山登り

リュックと帽子の洗濯

軽登山用品を使った感想

着替えの準備

 

ドイター トランスアルパイン30を購入しました

山歩き用にリュックを購入したのではありません。なので、山歩きのためにザックを購入したい方は、なんの参考にもなりませんので、あしからず。。。笑  2泊3日の京都旅行で使いたい担いでいきたいリュック(ザック)の購入記となってます♪ もしかしたら遺伝子レベルでオカマ?・・ガハハハ。  そう思ってしまうほど、バッグ大好き人間♪ それと、食器やら洋服やら雑貨やらのウィンドショッピングも大好き。 振り返ると、特にウエストバッグは値段も手ごろということもあったので、ずいぶん無駄に買ってはいたもののぉ。。。結局、お気に入りのバッグだけを使っているので、無駄使いなんですよねぇ~。。反省してます。

娘のショップから義理で購入(笑)

釣り専用で使ってます♪

台湾・韓国旅行のときに使ったっけ。

柔らかく手触りがいいのでお気に入り

西日暮里で購入、横に長いので便利

ジョギングのときの使用

 

さて、リュック(ザック)の方は、今年2個目なんだけど。。。釣り用、トレッキング用、災害時用。。。等々。。。そうそう、釣り用と言っても、投げ釣りもあればテトラで釣りする時もあるので、別々に揃えて釣り場で使ってますよ。たとえば投げ釣り用のリュックは、砂浜を移動するだけなので、片方の肩だけにかけられる簡単なリュック(ワンショルダーバッグ)に投げ釣り用の大きなリール2個と仕掛け類を入れて持ち歩いてます。

ワンショルダーバッグ

中身は大きなリール

 

テトラで釣りをするときのリュックは、投げ釣りのときと比べるとテトラの上という危ない足場を命がけで移動しなければならないので、不安定なワンショルダーバッグは使えない。それと、タモをリュックにセットして持ち歩かないといけないことから、釣り具メーカー(ダイワ)のリュックを使ってます。このリュックはテトラで擦れたり潮風にさらされたりで摩耗が激しく、2個目になるかなぁ~~~。

 

あと、最近はご無沙汰してるけど、日帰りのトレッキング時には、超安いリュックを使ってます。

 

つい最近、入手したのは、娘のバイト先に顔を出したとき、街歩きのときに使えそうな黄色いリュックがあったので、義理で購入したんですけど、正直、一度も使用することなく部屋の隅でぶら下がってます。

あと。。災害用品を入れた釣り用のオレンジ色のリュックがあるんですが、押し入れの中で眠ってます。笑

 

話は戻りまして、今回、旅行用として、リュックをまたまた物色したんですが、行先が京都だから、多分歩きが多い旅になるんじゃないかなぁ~。千葉から東京駅。。。までの移動も旅行バッグよりリュックの方が楽チンだよなぁ~~。なんていうことを考えながら、スーパースポーツゼビオかしわ沼南店でリュックサックを見に出かけてきました。色も種類も豊富で、数多くのリュックが販売されていたので、逆に目移りしてしまい買えませんでした。自宅に戻り、ネットで検索をしながらいろんなリュックを眺めていて初めて知ったんですが、リュックってザックってい言うんですね。笑・・・・知らなかった。マジにド素人。。汗 それと、ザックは大きく「デイバッグ」と「アタックザック」なんていう呼び名のリュックに分けられるらしい。 

デイパックは「ワンディ・パッキング」が本来の意味で「1日分の荷物が入る小型バッグ」で、チャックでフルオープンさせて荷物を出し入れするタイプのもの。アタックザックは細長くて上から荷物を出し入れするタイプのもののことを言うんだって。。。。なるほどぉ~。

有名なデイバックメーカーはイーストバックやニクソン、グレゴリーとかがあるらしい。アタックザックで有名なのは、グレゴリー、ノースフェース、ミレーやモンベル、ドイター、パタゴニア等だが、メーカーで分類することは出来ない気がしました。ちなみに、広義な意味で背中に背負う袋の総称をバックパックっていうんですねぇ~。リュックは好きだけど、こんな呼び方があることすら知らなかったよ。まぁ。。。リュックの呼び名から選択するんじゃなくて、好みの形と機能性を考慮しながら決めればいいんじゃないのかなぁ~~。今回は街歩き良さそうなファッション性をとるんじゃなくて、どちらかというと丈夫な山用のリュックから自分好みのリュックを探せばいいんじゃないのか!っていう結論に至りました。(笑)。って。。。大した結論ではないですが。。トホホ。

 

そんな感じで、最終的に決定したリュックはというと!

マウンテンバイク用のリュック(ドイター トランスアルパイン30)をネットでポチしました♪エ~~~?。。。2泊3日の電車の旅に使うのに、なんで自転車やバイク用のリュックを選んだなの?と自問自答したくなる選択結果となってしまいましたが、理由は、アルプス越えという名のマウンテンバイクツアー用に設計された人気のモデルだったこと。価格COMの登山用リュック・ザック人気ランキングで2位に入ってた。それと、ポケットが多いのと2段構造なので使いやすそうだったから。。ミレーのリュックも一瞬良さそうな雰囲気がしたんですが、小物が少なかったのでパス。ということで深く考えて、商品を選んだわけではありません。笑

 

色は、グリーン系、ブルー系、オレンジ色系がありましたが、目立たないブラック系に決定。容量は、一般的には、日帰りなら15リッターから25リッターもあれば十分なんでしょうけど、大は小を兼ねると言われるし、2泊分ぐらいの着替えが余裕で入るほうがよかったので30リッターにしました。今週中に、届くかな。・・・楽しみです♪

 

2013.10.24 ドイター トランスアルパイン30が届きました♪

ちなみに身長が175センチの自分には、チョット大きかったかなぁ~って思ってたんですが、実物を見て、丁度イイサイズだったのでホッとしました。

空の状態で、1.2キロあるなんて信じられないぐらい軽く感じましたねぇ~。ワニ口のようにパカっと開ければ、旅行用の荷物の出し入れも楽そう。なにしろ、ポケットが多いのも助かりそう。。。中途半端な大きさのポケットではないのも嬉しかったです。

 

 

ドイター トランスアルパイン30は自転車用なのでレインカバーも標準装備。。それと、1Lの魔法瓶がスッポリと収まってくれて、バンドでシッカリと固定できる。

↑カメラケースです♪

リュックとしては珍しく、二重構造になっている!!

 

レインカバーがクッションになるので、布製の袋カメラを包むだけで十分かもしれないが、ご覧のように、2気室仕様の下段はかなり広いのでカメラバッグも余裕で入るのが嬉しい。ミラーレス一眼なら二個は入るだろう~~。(笑)

作りも噂どおりシッカリしてたので、よき相棒として活躍してくれると思います♪

 

★人気のリュック・ブランド別ザック★

★好日山Webショップ★

 

 

  

上に戻る