車中泊で釣り三昧TOPに戻る

 

管理釣り場用タックル紹介

 

2015年7月12日   管理釣り場で使うリール等のご紹介でっす。

以前はバカにしていた管理釣り場での釣り。。。適当にやってても魚がウヨウヨいるので簡単に釣れるんじゃないの?って思っていたんですが、ところがドッコイ、やっぱり腕が必要だということがわかり、なんだか、期待してなかったんですが、ハマってしまい完全に海釣り、山登り同様趣味になってしまった気がしてます。

今日上州屋さんへ出陣して、安いですが定評の、SHIMANOのAERNOS1000Sというリールをゲット。ラインはVARIVAS(Super Trout)の4lb(0.157mm)を巻いてもらいました♪

 

このリール。。手頃な値段なんですが、口コミ通りしっかりしてるようで、なんかイイ感じです。

ロッドやリールなんかに拘らなくても、お魚がいれば釣れるんだとは思うんですが、
根本的なところが釣れればいいというのではなく、
こんなタックルで釣ってみたいな~なんてことを妄想しちゃう。。。
だから趣味なんでしょうねぇ~って思ったよ。ガハハハ。

グルグルと回転するので魚にアピールできるのかな?こんなヘンテコリンなスプーンもあったので購入です。

なんだか知らず知らずのうちに。。。スプーンも増えてきたような。。。(笑)

無駄遣いといえば。。。それまでですが。。。。趣味だからね~~。許される範囲でしょう。

さて。。。ロッドの方は。。。今黒鯛用のルアーロッドを使っているんですが、トラウトロッドを昨日アマゾンでポチしたので、明日ぐらいに届きそうです。そのロッドに今回購入したシマノのリールを取り付ければバランスはグッド!だと思ってますよ。。。

 

上に戻る