TOPに戻る

自作餌での食い状況の確認ですよ。カワハギ、メバル等食いがいい 2007/10/13

 

自作餌でカワハギ、メバル釣り

07.10.13


さてさて今回の出陣目的を整理しておこう。(研修参加直後なので・・・トホホ)

1.10月に突入したということでターゲットはカワハギの胆パン確認。

2.それとタモ柄を取り付けた水中カメラの写り具合の確認。

3.H4ロッドの穂先が届いたのでの調子の確認。

4.アミ漬け若鳥の食いの確認。ターゲットはカワハギ、メバル、メジナ

5.情けないが、テトラの上での脱腸の確認。

今回はテトラの上で忙しそうだぞ!!。

研修を終えて帰宅後、天気の確認してから本能の如く釣り場へ・・・
 何時もなら事前にNOAH号のガソリンを満タンにしているのだが、
補充する暇がなく、今回は市原パーキングに寄ってガソリン補給だ。
土曜の夜なのに、パーキングは比較空いているなぁ〜。


 
実際はこんなに明るくないです。(夜景モードで撮影)

途中、釣侍でコマセの購入。

ガソリン満タン・コマセ購入で安心したのか、サブちゃんの北の漁場・歩・祭りの曲を聴きながら大きな声で車中一人で熱唱!!・・・気持ちいい。道の駅には10持30分に到着して明日の食事を確認だ!。バナナ5本がオイラの朝食&昼食だ。この確認作業、恒例になった気がするが、明日の朝食は至ってシンプルだ!。

車中泊して早朝4時30分、ピタっと元気に起床!外を見ると、日の入りの時間が随分遅くなったようで真っ暗だ。

今日の天気は午前中曇りで濁りはない。風は北東の風5メートルといったところか・・・。早速、イガイ漬け若鳥・アミエビ漬け若鳥・オキアミパックの3種類を使ってどの餌が一番食いがいいのか確認開始。最初の付け餌は丸キューのオキアミパック。1時間ぐらいしてもあたりがなく、とりあえず食ってくれたのは本命のカワハギではなく小メジナだった。

2時間ぐらいたっただろうか、海が透け透けになってきて期待が持てず、脱腸症状(悲)を気にしながら、水中カメラでオキアミの水中確認だ。

シャチホコ付けのオキアミが悲しく漂っているだけだった。 オキアミを断念して次に”イガイ漬け若鳥”に変更!カワハギの小さいのが食ってきた!。

冬のカワハギ

”イガイ漬け若鳥”に限界を感じてきたので、次は必殺 ”アミエビ漬け若鳥”で勝負だ。

カワハギの餌

見るからに若鳥のお肉にアミエビが滲みてる感じだ。手が汚れるのには参ったがトライすると、
違う!!今までのオキアミ・イガイ漬けとは明らかに違う食いだ。カサゴ・メジナ・カサゴ・カワハギと続いた。

カワハギ

餌を投入すると、餌に付いたアミがコマセの役割をしているようで、アタリの連続だ〜。・・・だが釣れない。(自分らしい:笑)バナナを流し込んだ後、水中カメラセットで撮影開始。

アタリはあるが釣れないのは、小魚も多く大きいハリなので釣れないようだ。根掛かり原因の、海藻と岩場を再確認。

 
本日、テトラの上での確認結果は・・

1.10月に突入したということでターゲットはカワハギの胆探し。

肝パンではない

2.それとタモ柄を取り付けた水中カメラの写りぐらいの確認。

問題なし

3.前回折ってしまったH4ロッドの穂先が届いたので調子の確認。

前と一緒だ

4.アミ漬け若鳥の食いの確認。

アミが一番、凄い!

5.情けないが、テトラの上での脱腸の確認。

出てこない

水中カメラと脱腸確認しながらの釣りじゃ大物釣れるわけないよなぁ〜。(反省)本日の気温は17度チョイ。水温は温かかったが、釣りが終わった後、水道でデジカメと携帯電話を水洗いしていたオイラを見る視線が冷たかった。

 

ウイ・・