TOPに戻る

前打ち釣りで黒鯛狙い。海タナゴの下には黒鯛いましたよ(^^) 07.01.20

 

07120車中泊して黒鯛釣り

前回、保田の北風に泣かされ撤退を余儀なくされたので、今回は北風を避けられる場所でリベンジ黒鯛釣り2007年が始まったばかりだが、早速2回目の出陣!。

メバルと黒鯛狙いで、前回北風に泣かされた保田テトラへエサはオキアミ一本。今日は抑えのアサリは無しだ!

前日に自宅で3キロブロックを自然解凍させるため、日中部屋に出しっぱなしだったコマセだ →

出陣夜には少々柔らかく丁度いい状態でクーラーバックへ。それにしても部屋が臭くならなくてよかったなぁ。

 

いつものようにノアで車中泊して、朝5時半起床し6時に保田テトラに立つ!。前回同様コマセは3キロ、黒鯛パワーMP、オキアミLで釣り開始だ。

今回は保田での北風リベンジということもあり気合十分、朝もピタ!っと起きれたぞ。少々眠いが根性釣りの開始だ。

ちなみに保田テトラではエサをテトラ先端から4〜5メートル先に落とすより、手前のポイントに垂直方向に落とすほうがいい。理由は、たまに漁師の人が小船でテトラ近辺に近づきモリで魚を捕っているのを目撃しているが、本当の理由は特になし。動物的感かもしれない。ということで、今回はコマセも一点に集中落下させながら、エサも流し釣り半径を小さくしてなるべくコマセ近辺に落とし込み開始だ。

一投目からクンクン、モゾモゾと感じるアタリだ。今回はリベンジ釣りなので携帯写真を撮ってる暇なし!。ヨッシャーウミタナゴだ。 リリース。(^^;....続いてベラと続き、コツンというアタリとともに金色の発情したメバルが出現した。メバルは本命なのでゲット!しばらくするとコツンというアタリを合わせると、黒鯛だ!。(正確にはカイズだ)ゲット!。黒鯛は底近辺に寄ってきたな。(コマセ投下後1時間チョットの午前7時頃)それにしても前回同様、海の中はウミタナゴだらけのようでエサが取られるなぁ。とボヤキながら、サンドイッチをパクリ。そして一服しながら、、。

 

タナゴが多くエサが黒鯛まで届かない

とういことで、コマセを一点集中から左方向へ変更し、

ウミタナゴを別な場所に移動させガン球は3Bから5Bへ変更し、黒鯛の気配を感じる底狙いで落とし込み開始。するとまた黒鯛だ!。一気に引き抜いて2匹目ゲット!前回金谷では、潮は永遠に動き、波もテトラにぶつかり、あちこちで渦巻き状態が発生したことで、1.7号、ガン球2号のハリスセットがグルグル回転し自然な誘いを演出してくれたが、今回は波が穏やかでガン球5B、ハリス2号の仕掛けでは自然な誘いができないので、サオを操作しながら演出だ!。するとまた黒鯛だ!。これまた一気に引き抜いて3匹目ゲット!。そのとき、人の視線を感じて後ろを振り向くと遠くで腕を組みながら釣りを見ているウキ釣りの人。すぐ後ろで若い人が短竿を持って覗いていたが、人に見られていると釣れないので一服だ。その若い人は、三浦からわざわざここまで来たらしい。城ヶ島があるのになぁ。

「短竿ではあまり釣れないですよ」と言うと、普段は長い竿で前打ちをしているとのこと。ゲー。ライバル出現か!。それにしても今日の保田はカイズクラスだが黒鯛が多いなぁ。夕マズメ、外道が掛らなくなり、大型な黒鯛の気配を感じたので念のためハリス交換して落とし込み開始。予想通り、コツンを即あわせて捕ったのは、今日一番の引きを楽しませてくれた色の黒いカイズだった。唇の皮一枚で引っ掛かっていたがゲット!。ヤリー。潮止まりの昼後にパタッと食いが落ちていたが、潮が動き出す3時過ぎから5時までの間に再び爆釣が始まり5時10分納竿でした。

黒鯛

今日のお土産は

黒鯛 

本命のメバルと黒鯛(20〜29センチ)ゲットで、北風リベンジに勝利しました。

黒鯛の餌

今日は、なぜか付けエサの量が少なかったなぁ。(普段はあと2箱ぐらい多いかな)

今回始めて食べたがこれは美味い     作り方はコチラ

<メモ>

● 魚道釣りでは生イキくんのLサイズは小さいので2Lがいい。

● 今回プレサーモのモモヒキと防寒ズボンを履いていたが夕方から下半身が寒かった。

● スサノオロッドの穂先の柔らかさや感度は自分の釣り方にマッチしているようだ。

● 近くで短竿の人はカサゴかな。ウキ釣りの人はウミタナゴを釣ってました。

● ガン球のバリには注意しましょう。バリのあるガン球を強く潰すとハリスの強度が落ちます。

● テトラの前、水深30センチぐらいのところを右から左へ深いグレー系の50センチはある鯛のような魚が、

ユックリそして目をギョロギョロしながら泳いでいた。魚の前に餌を落としても見向きもせず堂々と泳ぐ魚、なんだあれは? 

ノア号のオイル交換とタイヤ入れ替えなくてはならないので2月には再び車中泊して保田だな。