TOPに戻る

車中泊して黒鯛釣りに出かけてきました。運良く釣れましたよ(^^) 06.06.17

 

060617の車中泊と黒鯛釣り

  

circle11_pink.gif 緊急出動決定! 

今日(前日)は、局所的に大雨が降ったことで、明日は濁りが入るかな。でも、「久しぶりに家でノンビリするかな」と思っていたが、夜、天気予報を確認すると!「明日は曇りのち晴れ。気温も上昇し、夜には霧も出るところがある」「午前中は風も弱い」と言うではありませんか。

 

Mapionより

ということで、久しぶりに最高のロケーションの中で釣りができるぞ!。と期待が膨らみ緊急出動決定!。。車中泊はいつもの道の駅です。この時期の車中泊は、気候もギリギリセーフで良く眠れました。

circle11_pink.gif 現場到着、竿は予備竿で前打ち釣り勝負!

満潮、7時30分ぐらいなので、朝マズメの上げ止まり前から、コマセを巻けば、

チャンスあり!と予測し、4時起床で朝5時にテトラの上に立つ。天気予報も見事に、大当たり、絶好の釣り日和。少々北風あり、濁りあり、潮も大きく動いて、曇り空。赤灯手前で浮き釣りをしている人を横目に、何時ものテトラポイントへ。今日のタックルは、根ずれによるハリス傷が防止のため、前回と同じくハリス2号針はチヌバリ1号。ただ、いつもの竿がまたガイド外れで修理中。ということで、

感度が悪いが強靭な予備竿ダイワ精工 前打ち飛竜クロダイ T硬調53UMを使用。

circle11_pink.gif 初めて見る黄金のサバだ!

一投目から、コツコツあたりがある。30分ぐらい過ぎただろうか、ググーと手ごたえがあったと思ったら、なんと、金色のサバだ!。

テトラ前で走られると、大型魚が寄っている場合、散ってしまうので、横走りさせることなく、一気に引っこ抜き。以前、チヌ竿でサバを釣ろうとしたとき横に走られ、結構、

ファイト!したのを覚えているが、今日は、運良く、硬調な竿だったので引っこ抜けた。サバGet。

今回釣った金色に輝くサバについて、

松輪さば/東京湾をぐるりと回遊しているマサバである。初夏や秋にビシ仕掛けで釣り上げる。この回遊から離れてやや深いところに居着いているのがいて、これが見事に金色に輝いている。これは非常に数が少なくとれると関さば以上に高価。そしてうまい。らしい。??でも、よく見ると、アジ特有の”ぜいご”があるぞ!ということは、これはアジか食べてからのお楽しみだ。

circle11_pink.gif テトラ前では、中々のメジナだ!!

7時ごろ、周りが霧で覆われてきたぞ。濁りも入って潮も元気よく動いている。フグ攻撃もない。今日は、コマセを一点集中型で撒きながら、奥から手前に流し釣り。2時間ぐらい「コツン・コツン」と怪しいアタリがしているが。。餌落下でアタリがある。前回とまったく違う。今日は食いがいいぞ。入れ食いではないが、メバル・小メジナたちも食ってきた。メジナの目にスレだ。ベラの横っ腹にスレ。テトラ前海底には、魚たちがウヨウヨいるに違いない。

手前根の先1メートルのところで、ググーとメジナが食ってきた。おおー。中々の型だ。Get

circle11_pink.gif ついに本命が現れた!

コマセ撒き撒き5時間ぐらい経った10時ぐらい。手前の根の境目でコツンと言うアタリはなく、モゾモゾとした感触のアタリがあり、軽く合わせてみると、ググーと竿が湾曲!、重い!チヌだ!横にいたテトラ釣りの人が「タモある?大丈夫?」とやさしい一言。どんなに、大物、危険な場所でも、一人で上げるのがオイラの精神。申し訳ないが軽くご挨拶。ハリス2号。タモも横に置いてあり、強靭な竿も手伝ってか、

格闘5秒ぐらい。10秒後にはタモの中へ。チヌGet。

黒鯛釣り

circle11_pink.gif 明るいうちに帰るとするか!

昼過ぎ、北風から南風に変化。風も少々強まってきた。、最後は小メバル1匹追加して納竿。明るい内に一路自宅へ。

circle11_pink.gif 本日のお持ち帰りは!チヌ(38センチ)サバ(32センチ)メジナ(25センチ)小カサゴ(おまけ)です。

黒鯛釣り

circle11_pink.gif チヌの歯について。

黒鯛

黒鯛

下顎の歯は、カニ、イガイなどを噛み砕くため、ほとんどがすり鉢状になっていた。

上顎の前歯はごらんの通り、犬歯のようになっている。これは、岩場についたイガイなどを取るときに使うのだろう。フグ、キタマクラのようなカミソリの噛ではない。

ということで、チヌの歯によって、ハリスを切られてバラすことはないだろう。つまり、針を飲み込ませても大丈夫だが、合わせが弱く針掛かりが甘かった場合や、針が歯の隙間、上あごなどに掛かって外れやすい状態のとき、竿のテンションを弱めてしまうと針が外れバラす可能性がある。タモに取り込むまで、常にテンションを張って、つまり竿を湾曲させていること。そこだけは注意しておきたい。きちんと合わせ、上唇や口の横、舌に針が掛かり、ハリスに傷がなければ、安心してGetできると思う。

アタリについて:

オキアミを海底に沈めておくと約60度の角度から口に吸い込み、その後、オキアミの殻だけを吐き出すようだが、この口に含んだ瞬間、今回のようなモゾモゾとしたアタリが出たと思う。それでは、コツンというアタリは?底ではなく、中層で浮遊しているオキアミを口にしたときに出ているアタリだと考えるが、果たして。。

circle11_pink.gif お刺身作り

黒鯛

黒鯛

いよいよお刺身作りだ。

出刃包丁は必須。骨を切るというより、骨を砕くという感じか。

黒鯛

黒鯛

ウロコをとる。本当はウロコが飛ばないよう水に漬けながらやるといい。

3枚におろして、後は切るだけ。 

黒鯛煮付け

黒鯛刺身

黒鯛

黒鯛刺身

ご馳走様でした。

 

circle11_pink.gif 今日は、午前中で引き上げてよかった。

以下、帰宅後確認した気象庁情報。

天気概況 平成18年6月17日17時42分 銚子地方気象台発表 千葉中央、東葛飾、北東部、南部では、 これから18日昼前にかけて南 西の強風となり、波・うねりが高くなるでしょう。船舶などは強風、高波に 注意して下さい。  日本の東海上には前線を伴った低気圧があって、北へ進んでいます。この 低気圧からのびる前線は、伊豆諸島付近をとおって九州の南海上へとのびて います。7月1日は今日のように潮が良さそうだ。。