TOPに戻る

黒鯛釣り2005年6月12日-魚道inテトラ

 

2005年6月12日の車中泊して釣り

 黒鯛

記録更新44センチでした。でも50センチオーバーをバラしたのは痛い。 

 黒鯛

寝起きの娘に持ってもらったが「重たい!早く写して」だと。 

黒鯛

本日の釣果です。20センチを超えるメジナも多いがすべて小さく見えるなぁ。

  

他のウキつり、投げ釣りの人はほとんど釣れていませんでしたが、こんなに釣れていいの?爆釣の一言。黒鯛1匹44センチ、(50センチオーバーを目撃、バラシしてしまった)メジナ20匹、ウタナゴ3匹、アイナメ1匹、メバル4匹、ハゼ1匹、カサゴ1匹でフルコース。クーラー満タンで入りそうもないので、途中から釣ったお魚は全てリリースし、合計30匹のお持ち帰りで納竿としました。ちなみに、こませは黒鯛パワー2倍&オキアミ1ブロック。餌はマルキューオキアミ(3パック)短時間で全て使い切り。<バラシた時のホントの話> 7時近くで満潮を迎えるが、いつものように気合が入り朝5時半ごろから釣り開始。一昨日は、台風で、ちなみに台風名は「ネサット」カンボジア語で「漁師」を意味するいい名前。そして昨夜は雨ということもあり、気温が急低下。今日は快晴で急激に上昇したせいか、車中泊して見た朝マズメの海は濁り、そして一面霧が立ち込め霧の摩周湖状態。すばらしい眺めを経験できた。すでにいた先客3人も景色を眺めながらコマセの準備をしていた。ただ今日は、海は荒れてシブキがかかるため、何時もと違う場所のテトラへゆっくり移動。釣り始めて30分ぐらいでたったと思うが、過去に経験のないアタリが!。感覚的には「コンコン」ではなく、「カンカン」という感じで竿に共振する。早いスビードで10センチ以上、瞬間的に餌を口にしてイトを引っ張ったような感じで手元に響くようなアタリがあった。即アワセすると、竿が左へグイーと湾曲しながら持っていかれた。すぐに黒鯛だ!と。強引な引きに竿を抑えていると、今度は右に走り出した。重く強い引きに耐えていると、足先1メートルのところに黒鯛がボンヤリ姿を現した。ゲー!デカイ。なんだこれは、鯨か?それにしても大きい。今まで見たことのないような黒鯛だ。イヤ、雑誌では見た。一瞬、これ釣れるのか?竿は?と考えていたとき、バキュー!と、針が外れて巨大魚(おそらく55センチ以上はあったと思うが。。)は、スーっト左に泳いで行った。 (^.^;う...逃がした魚は大きいと言うが、実物を1メートル近くで見たのだから間違いない。金谷に年無し黒鯛がいるのはわかった。「今回は見逃してやるが、次回は待ってろよ!」と言いたいが、正直くやしー。。次回は釣らせてくださーい。

黒鯛