TOPに戻る

チョット変わった前打ち釣りで黒鯛を釣ってきました。楽しいですねぇ〜黒鯛釣り 05.05.28

 

車中泊して前打ち釣り

黒鯛

エラに指を入れ、タモなしでゲットした黒鯛です。

 黒鯛

それにしてもすごい歯ですねぇ。 

メジナ

尾長メジナの子供 

金色のウミタナゴ?? 

 

今日は、5/20のリベンジを決めていたため、黒鯛狙いで再び金谷へ。 前夜、出発して車内泊。6時45分満潮で下げから開始する計画だったが、気合が入りすぎ、4時に起床し、現地にはまだ上げに入っているAM5時に到着。何時ものように、得意の前打ちで勝負だ が、実は、「前打ちとは、テトラの前に落とし込む底釣りのこと。」で、自分はウキカセ釣りの横への動きと、落し込みの縦への動きを合わせた探り釣り。また落込みのようにポイントを選んで縦に落とし込むことはせず、遠くに餌をチャポと落とし棚固定でポイントまで持っていき、そこから落とし込んでいる。また、磯竿は、柔らかく獲物との格闘範囲が広くる傾向があることから、特にテトラ周りで釣りをする私は、テトラ近くの狭い範囲でり取りを可能とする柔らかくて強い前打ち竿を使っているというわけです。 今回は、リベンジということもあり、確実に釣果がほしかったので、アミこませを2袋を買い込んで、こませで、魚をよせて、探る範囲を広げて釣る確実な方法で勝負!そして、今回は、タモをリュックに取り付け、コマセもって何時ものポイントへ!いざ。 勝負開始1時間、アタリがないではありませんか?どうなってるの。 そのうちコマセが効いてきたせいでフグだらけ。。アタリはあるが餌がない。。ガーん。 ガン球を4Bと2Bの2個取り付け、底近くまで瞬時に持っていくと今度は、フグもわないぞ。魚がいないのか?また今日もボーズか? 3時間近くやってもダメだ、今日は、リベンジどころか返り討ち??か。 ということで、下げ5割ぐらいになったころ、テトラ逆側に移動し、コマセまき まき開始。するとコンコンとアタリがきた、合わせるとメバル君ではありませんか。久しりー。 その後、ドラッグが瞬時にギーと逆転開始。来た、メジナだ!。流石、尾長メジナ子供だけあり、走るのが速い。その後、コマセが効いているのか次々にメジナかかる。一服する時間がないくらいに、今度は、25センチのベラが3匹。これはリリース。続いて金色のウミタナゴ。こんな魚見たことないよー。 場所を移動してから、入れ食い状態。 タバコに火をつけると、魚が釣れる。コマセから離れたところに餌を落とし、水平動して、ポイントへ、そして縦方向への落とし込みを開始すると、即釣れる。 それにしても、今日は小バエが多いなぁ。虫除けスプレーをつけているが効果な し。魚も寄ってくるが、ハエも寄ってくる。もしかしたら、自分は魚臭いのか??。 なんて考えていると、また、コンコンと。 竿を合わせると、ググーん。なんだ?竿が大きく曲がりながらドラッグが少しずつ逆回転を始めた。メジナとは違う。来た!。銀色に光っている本命だ!。だがこの前の黒鯛とは違う、引きも強い。重い!そして、腱鞘炎の腕が痛い!。逆回転するリールを痛い右手で抑え、Uの字に曲がった竿 を左手でつかみながら、やり取り開始。浮いてきた。やはり黒鯛だ!。 タモ!。と後ろを見ると、なんと、手が届かない。2メートル後ろに置いてあるではあーりませんか?ガーン。またタモが使えないぞ。再び冷静に戻り、黒鯛の口を見ると、上にしっかり掛かっている。よし!。ということで、ゆっくり黒鯛を弱らせてから手づかみ開始。でも、空気を吸っているがまだ黒鯛が暴れる。もろうとする。くそー。タモがあれば。。。。それにしても、腱鞘炎が痛いぞ!ヤニも切れた!ようやく取り込み位置まで黒鯛を寄せて、忍者のようなすばやい動きで、低いテトラのところへジャンプ!

そして着地。この間、20分ぐらい。汗ダクダク。

そしてまたまた手掴みだ。今度は、エラ部分に指を入れて、キャッチ。。ヤリー。 ということで、黒鯛をタモなしゲット。こませもなくなり、12時に納竿。リベンジ成功の1日で、お魚様、ありがとうございました。ちなみに、同じようなところで、2〜3人、コマセを撒いてフカセ釣りをしてましたが、釣果なしでシーンとしてましたが、夕マズメ勝負かな?本日の釣果は、(2時間半が爆釣でした)黒鯛43センチ1匹メジナ6匹、ウミタナゴ1匹、メバル2匹、ベラ、ネンブツダイ、その他リリースいっぱい。

黒鯛釣果