車中泊アイデアTOPに戻る

 

車中泊マットでフルフラット

 

車中泊マットのご紹介:NOAHの場合は自作板の上にマット♪。

 

フリードスパイクはマットだけでOK。♪

 

フルフラット用の板マットに銀マットを貼り付け記事はこちら>>

 

←BACK 車中泊シュラフ

車中泊空間利用 NEXT→

 

NOAH:完全な段差やデッパリの無いフルフラット化は難しいと思って断念してたんですが折りたたみ式の自作板を敷いた上に車中泊マットを敷くことで、完全フルフラット化になりました♪

車中泊イコール、フルフラットが必須条件になりますが、フルフラットになった床の上には、できるだけ、普段寝ている布団のような雰囲気に近づけるため、キャンピングマットを敷いたりして、寝心地を良くしているっていうか普段寝ている布団環境に近づけているわけですよ。 違う言い方をすると、これって、車内で快適なベッドを作っていることじゃないのかなぁ。さてさて、フルフラットとうたっている車でも、ノアのように完全なフルフラットにならない車って多いんじゃないのかなぁ。多くのクルマでは、少なからず凹凸があるものですが、この凹凸って結構熟睡の妨げになるようです。熟睡できない車中泊後の釣りは体調や気力にも影響するし、釣果にも現れるような気がするので、ノアを完全フルフラット化にしてみました。人間の体って平らなところじゃないと熟睡できない体質になっているようです(^^)

ノアはフルフラットとは言っても、完全なフルフラットにはなりません。

ご覧のように、フルフラットとして宣伝されているようですが、完全なフルフラットではありません。微妙な凹凸、デッパリがあるんです。たしかに、ムリすればこれでも十分眠れるんですが、特に冬の車中泊は、底冷えしてくるし、寝返りをしたときに、出っ張り部分に体が当たり、安眠の妨害をされてしまうんです。不思議ですよねぇ~。人間って真平らなところで眠るように出来ているんですよねぇ~(^^)。

フルフラット

完全フルフラット化に向けて

最初の頃は、座布団、ウエットスーツ、キャンピングマットを敷いて寝てました♪

セカンドシートとサードシートを倒したその上に、板を置こうかと思ったのですが、一度セットしてしまうと二度と板を外さなくなってしまうと思ったのでヤメました。結局、凹凸部分のところに座布団を置き、その上にオートバックスで購入したウエットスーツ素材で出来ているシートを敷き、その上にキャンピングマットを敷いて寝ています。 冬は車内といえども、隙間風は入ってくるし、底冷えもしますから、ウエットスーツ素材のシートを敷くと冷気をかなり防げますよ。それに、ウエットスーツなので水に濡れても大丈夫です(^^)。 

車中泊で使用するマット

底冷え&寝心地対策で快適な車中泊をしたいです♪

ノア号、特にセカンドシートとサードシートの出っ張り大きくて、寝心地が悪いのナンの。。 以前、車中泊をしている熟年夫婦のエルグランドを拝見させて頂いたときの事です。

ご夫婦:「トヨタの車ですネ。車中泊しているようですが、中を見せて頂けます~」 オイラ:「どうぞ、どうぞ、一人だけですから十分広いですよ。チョット魚臭いですが。。」 ご夫婦:「結構広いですねぇ。後部側の窓がスライドするのはいいなぁ。エルはスライドしないんですよ。」 オイラ:「ご夫婦で、釣り?、イヤ車中泊されてるんですか?」 ご夫婦:「定年退職してから夫婦で、日本中を車で周ってるんです。」 オイラ:「うらやましいですねぇ。私もそうなりたいです。」・・・一部省略 ご夫婦:「この車もやっぱり完璧なフルフラット化にならないみたいですねぇ。エルも完全にフルフラットにならないので、板をマット代わりに敷いてるんですよ。ご覧になりますか?」 オイラ:「どれどれ。。ヘー、本当ですねぇ。いいですねぇ。」 ご夫婦:「座布団やキャンピングマットを敷いたりしてたんですが、やっぱり平じゃなくて、、。我慢して寝ていたら腰が痛くなるんで、板敷いたんですよ。人間はいつも平らなところで寝ているので、 チョットでも凹凸があるとグッスリ眠れないようになってるようですよ」 オイラ:「エルグランドの車内スペースにマッチした板を横方向に3つ敷いているのを確認し、すごいですねぇ。」 ご夫婦:「板の厚みは10ミリで合板。結構しっかりしてますよ。」 オイラ:「もう一度拝見し、板とシートの隙間には座布団らしいものを挟んでいる。そして板の上には布団を敷いていた。手で押してもビクともしない。完全に自宅状態を再確認。」・・・以下省略。

 

ノア号、たしかに完璧なフルフラットにはならず、サードシートを折りたたみセカンドシートを回転させ、コマセを抱いて床に寝るような時もシバシバ。今回、熟年夫妻の快適車中泊のご意見を参考に、ノア号の室内寸法に合わせて板マットを作り完璧フルフラット化を実施しました。

車中泊 フルフラット 段差
黒いところ、デッパリがあるし、 シートの高さも波打ってる状態。

車中泊 フルフラット
座布団・ウェットスーツ素材のシート・キャンピングマットを 敷いて凹凸を無くして寝てはいたが。。

板の加工

まず、ノア号の車内寸法を測り、設計図?を作成。 サードシート固定部分が出っ張っているので、そこも考慮してっと。こんな感じかなぁ。 エルグランドは、横方向に3枚の板を使っていたが、横方向より縦方向の方が段差を吸収できると判断。 また折り立たんで出し入れが簡単であることを目標に設計開始。

車中泊 フルフラット図面

設計図を持って近くにあるジャンボエンチョーへ。いざ!。

ジャンボエンチョ

板は合板(中板が桐で両側が (ベニアのようなものでサンドイッチされているもの)ベテラン店員さんに丈夫さを確認してから工作室へ!

車中泊 フルフラット 板製作

車中泊 フルフラットの板製作
細かいところは手作業。ノコギリ持って記念写真だ。


折りたたみ部分にはジョイントを4個取り付け。

すべての面に100番のヤスリでバリ取り実施。 余った木材と一緒にノア号へ

車中泊 フルフラット用の板

 

 

簡単に車中に入れることができた! 折りたたむことが出来る設計で正解だったなぁ。 

車中泊フルフラット画像

ズルズルっとセットしてみると完全に平になったぞ。 若干、グラグラするので、板の下に3枚ぐらい座布団を突っ込んでセット完了。

車中泊 フルフラット 板  

車中泊 フルフラット板

 

サードシートの出っ張り部分があったので40ミリ削って正解。また、サードシートを寝かせれば枕代わりになるので、サードシートを起こしファーストシートまでの長さ150センチで製作して正解でした。

車中泊 フルフラット板

寝ているときに冷たいもの飲みたくなるのでクーラー部分はカット。

車中泊 完全フルフラット

 

セカンドシートと背もたれの高さが違うこと。 黄色い部分の出っ張り部分が邪魔でそして痛いなど、完全に解決されました。

車中泊 フルフラット 凹凸

最後は、板マットの上に畳のゴザを敷いてお茶室完成? 流石、畳の匂い!魚の匂いに勝ったようで車内が畳くさ~。 180センチのキャンピングマットも余裕で敷けてフラットだ。それにしても平な面積が広くなったなぁ。 (^o^)

車中泊 寸法

 

車中泊 フルフラット空間

試しに・・・自らモデルに。 畳もあるし自宅と同じ感覚だ。 \(^o^)/ だがこの写真足の長さが異常に短く写ってるようなぁ。20センチ?カミサンの一言:「とても人間とは思えない」

今日の出費は!ラワンランバーコア 厚さ10ミリ 2枚4960円。カラーチョウバンゴールド 2個580円。紙やすり(100番) 1枚120円。合計5,660円で完全フルフラット化ができるのならお安いものだ。もっと早くやっとけば良かったなぁ。 後ろも整理して、これで出陣準備完了。

車中泊 フルフラット

 

コメント

今回、熟年夫婦のご意見を参考に作成しましたが、作成前にインターネットでフルフラット化で検索してみたところ、パイプ枕を8個ぐらい使ってフルフラット化をしている方。運転席の取付け位置をずらして実現されている方。また、専用ベッドも数万円で発売されていました。フルフラットにならない車なので他に替えたなど。 今回チャレンジしたやり方だと、低コストで完全なフルフラットが可能になりますので、興味のある方は参考にしてみては いかがでしょうか。 ・ポイントは2つに折れるように作ること。 ・寸法を間違わないことぐらいです。簡単ですよ。

車中泊道具準備

 

余談ですが、段差(凹凸)を吸収する(平らにする)クッションを入れて、

その上に、またマットレスを敷いてタイラにしている人も多いようですが、

板を敷くのが一番ですよ。間違いなくタイラになります。

柔らかいマットやクッションではタイラになりません。波打ちます(笑)

それに加え、タイラにするクッションやマットって使わないとき、すごく邪魔になりますよね。

そんな小細工するなら、座布団を敷詰め(使わないときは当然座布団として使えばいい)

その上にキャンピングマットの方が正解だと思いますよ。

フルフラットにした感想

やっぱり、人間の体って平らなところで眠るように、出来ているんですね。 それも遠い昔から、遺伝子レベルで受け継がれてきたような気がします。 現在でも畳の上の布団。ベッドも平らですから当然ですよね。 チョットした出っ張りがあるのと無いのとでは、こうも違うものだったのか。 改めて実感しました。フルフラットにした車中泊のメリットは健康面でも大きいようです。

 

フルフラット用の板マットに銀マットを貼り付けました!

まだやることがありましたよ(^^)

次の日、運転席シートのリクライニング角度が少なくなっていることに気づき手直し実施。

車中泊 フルフラット 赤枠カット

 

1.板を敷いた状態で、運転席に座って 眠ることがあるので、リクライニング 出来ないと不自由です。 面倒くさいが、赤枠部分をカットすることに、、。

2.丁度15センチぐらいをカットすれば、 シートと当たらずリクライニングできる

車中泊 フルフラット 板購入

3.車中から取り出した板を庭に運びだして作業開始だ。

4.ヒンジを一箇所外してノコギリでカット。

車中泊 フルフラット

車中泊 フルフラット

5.今日はいい天気だ。汗だくになり左上をカット完了。

6.持ち運びしやすいように、 取っ手金具を2箇所取り付け

車中泊 フルフラット

車中泊 フルフラット

7.ビス止めしてますが、 念のため木工用ボンドも塗りました。

8.車内に再びセットするが、椅子の上に座布団を十字に置くと 板が平になります。

 

今度こそ完成です

車中泊 フルフラット 接触部分          車中泊 フルフラット 実現

 

 

車中泊マットのご紹介

 

×下に敷くキャンピングマットは、十分検討した方がいいと思います。C社の厚手のエアーマットを購入しましたが、初めて車中泊で使ったときは船酔い状態になりました。結局フワフワしすぎて眠れず今は使っていません。また、別売りのエアーポンプも購入しましたが、どうせ購入するのなら、エアーポンプ内臓のエアーマットを選んだ方が後々楽チンだと思います。思ったより価格差はないようですよ。でも、この手のエアーマットは、お勧めしませんねぇ~。フワフワすればいいってものじゃありません。反省。 

170a6487-coleman.jpg

△マットはモンベルのキャンピングマットバルブを開くだけで空気の注入が半自動的に行えるウレタンフォームマットです。くるくると丸めて仕舞えば邪魔になりません。車中泊で使用していますが、シートが少々滑ってしまうのが欠点かな。ただ、下の凹凸を感じさせないぐらいクッション製があり、また冷気を遮断してくれるので助かります。厚さ5ミリのマットでお気に入りでしたが寿命になり空気を入れると凹凸が出来るようになってしまいました

キャンピングマット

×衝動買いで、コールマンのニューフォールディングキャンピングマットレスを購入。結構丈夫そうでガッチリしてるんですが、車中泊には不向きだと思います。硬すぎて眠れませんでした。現在は運動するときに、自宅でマット代わりに使用中です

◎このアルティアックライトプラスは、薄手だが信じられないぐらい軽くてまた暖かいです。もう一つほしいのですが、もう手に入りそうもありません。170グラムの超軽量マットです。真冬の車中泊・・・どうしても我慢できないときに敷いてます(^^)。

×発作的にケーヨーD2で見つけた、超お安いクッションマットと呼ばれる幅広マットに食いついてしまいまいた。 夏にイイかなぁ~なんてことを思ってしまい、厚みが1cmと少ないのが気になったので、2セット購入して張り合わせました。長さが2m、幅が140センチもあるので、角をカットしたりしましたが、結局のところ、材質が弱く簡単に穴があいてしまったので、捨てました。(涙)キャンピングマットはあまりにもお安い商品は、やっぱり欠点があるものですねぇ~~。トホホ。

 

フリードスパイク

敷布団タイプの幅が広いマットは、夫婦で車中泊するときにと思い購入しました。

P1240216.jpg

人間は眠っている時に寝返りをするので、ある程度の幅。特に厚みが無いと車内の床のゴツゴツ感を感じてしまうので熟睡出来ないのものです。

 

厚みは最低でも3~4センチは欲しいところですね。マットの素材が悪く、車内に敷いた時に滑るものもあるし、実際に寝た時に空気が動きフワフワしすぎて眠れない商品等がありますので、車中泊マットだけは、メジャーな商品。特に口コミやレビューを見てから購入することをお勧めします。 ☆せっかく広々と寝れるマットを買ったのに。。夫婦で車中泊をすることが無いことが分かったので、一人用のマットも再購入しました↓

チョットまとめてみると。。。自分の考えは。。

①車中泊マットは厚ければいいというものではない→ 特にフワフワしたものは、寝てるだけで船酔い。腰痛になります。(自分だけ?)  ②幅が広ければイイものではない→ 車中で使う場合、未使用時のコンパクト性も重要なので60センチ以上あればOK。  ③マットの素材も重要→ 滑りやすい素材は体が安定しないので眠りにくいです。  ④無名な安ものはやめた方がイイ→ メジャーなメーカーと比べると寝心地が違う。自動膨張しづらい等。  ⑤マットを車に乗せっぱなしにするのであればウレタンだけのロールマット(例:銀マット)かEVAのマットがいい→ バルブを開き、ウレタンフォームが復元する時の力でマット内に空気を自動注入するタイプのものは、高温になる夏場の車内に乗せっぱなしにしていると、ウレタンタンとマットの生地が剥離する可能性がある。 

 

一人用の車中泊マットはISUKA/イスカ 208021 コージー キャンプマットレスを購入♪・・・2014年購入

特に二人で寝ることが多いのであれば、上にある敷布団タイプのマットがイイのですが、二人で車中泊を楽しむことがほとんどないことと、収納した状態でも、車内の場所をとることから、今回、ISUKAのキャンピングマットレスを購入しました。

過去、レジャーシートの応用から銀マットへ、そしてエアーマットや敷布団タイプのマットまで、その他多数買ってきましたが、最終的に一人で車中泊をするのであれば、コンパクト性、丈夫な材質、寝心地のイイ、モンベルやイスカ等のキャンピングマットをお勧めします。車内に敷いた写真や寝心地等の感想は後ほど紹介予定です♪

ISUKA 208021 コージー キャンプマットレが届いた。

コージー キャンプマットレス (ネイビーブルー) スペック

生地

表/ポリエステル100%・裏/ポリエステル100%・芯材/ポリウレタン

平均重量

2300g

サイズ

63(肩幅)×198(全長)×6.3(厚さ)cm

収納サイズ

φ16×66cm

カラー

ネイビーブルー

第一印象は、重さ的には、ザックに入れて山に持っていく品物ではありません。それでは、早速、ビニールから出してみようと思います。(笑)

resize1469.jpg

過去使ったことがあるモンベルのマットより長く幅も広い感じがします。色は落ち着いた色でイイ感じ。また、持ち運びしやすいようにベルトが付いていますが、モンベルと違い、この紐は外れるんですね♪無くさないようにしなくちゃ(笑)。

resize1473.jpg

穴が開いた時のために、補修用接着剤が入っていました。車中泊の時に使うので、穴が開くことはないと思いいますが、これも無くさないようにきちんと保管しておこうと思います。

■表面にはポリエステルのソフトストレッチ素材を、底側には非常に丈夫で強度の高い150デニ-ルのポリエステル素材を採用■滑りにくくソフトな肌触りが抜群の寝心地を実現します。■運搬用ベルト、リペアキット付

resize1472.jpg

購入したばかりで初めてバルブを開いたので、空気が入るのにはかなりの時間がかかりそう。待っていられないんで、口から吹き込みました。(笑) 生地はスベスベしていますが、滑る感じはなく、なかなか肌触りがイイですね。バブルから自然に空気が入り膨らみますが、急いでいる場合は口で空気を吹き込めばイイですね。

resize1475.jpg

厚さ6センチのマットなので、マットの下にチョットした異物があっても気にならない感じです。6センチの厚みがあると、本当に寝心地がイイです。改めて実感。これなら車中でも爆睡できると思います。早速部屋の中で寝てみましたが、寝心地は予想していたよりイイ感じです。気になっていた幅も過去使っていたモンベルのものより広いので十分です。長さも198センチあるので、頭がマットから落ちることもない感じですね。

resize1477.jpg

アフターサービス。素材の特性上、購入後3年間の製品保証が付いているようで、販売店のレシート等を大切に保管してくださいと書いてありました。ISUKA・・流石ですねぇ~~(笑)注意点としては、車内に置きっぱなしにせず、特に夏場は剥離原因になるので、部屋にしまっておきたいと思います。

resize1478.jpg

 

フリードスパイクの荷台にマットを乗せてみましょうか。。。(笑)

敷布団タイプのマットの方が幅があり寝返りしやすいですが、折りたたんだ状態でもコンパクトにはならないので車内のスペースを占めてしまうことがマイナス点かなぁ~。

resize1480.jpg

 

さて、二人用として使っていた敷布団タイプのマットはひとまず撤収で~~す。

resize1427.jpg

今回購入したISUKAのマットは、未使用時はコンパクトになりますが、広げた時に幅が少々短いので寝返りを打ったときにマットから体が落ちてしまうデメリットがありますが、なかなかイイ感じですねぇ。 フリードスパイクの荷台の長さは2メートルを超えるので、198センチのISUKAのキャンピングマットも敷けてしまうのは凄いですよね(笑)机上で寸法を妄想すると。。。こんな感じかな↓

img_3.jpg

 

NOAHの荷台スペース(長さ)はフリードスパイクより長い(サードシートまで倒せば)ので問題はありませんが、

noa002.jpg

フリードスパイクでは、助手席の後ろにご覧のような黄色いスペーサーを自作してセットしてます。

resize1492.jpg

そんなに大きな物ではありませんが、車中泊する場合、このスペーサーの上にマットをずらして、そこに枕を乗せられるので、凄くノビノビした環境で眠れるようになるんですね(笑)

マットをずらして乗せるとこんな感じです。このISUKAの幅63センチ幅のマットも、ご覧のようにピッタリ収まるような感じでした。

resize1493.jpg

後ろから撮影した写真です。敷布団タイプのマットだと幅が広いので、後部座席はすべて倒さなければ敷くことが出来ませんでしたが、今回は、幅が狭いので左側のシートを倒しただけで敷くことが出来ました。当然と言えば当然ですが、なんか感動(笑)。

ただ。。敷布団タイプのマットと比べると、幅が少ないので、寝返りの時に落ちないように夢の中で注意しているようです(笑)

resize1495.jpg

後部座席のシートを両方倒した場合はこんな感じになります。余裕ですよねぇ~~。ちなみに、昨夜、家の中でこのISUKAのマットを敷いて寝てみたんですが、厚みがあるのでかなりイイ感じで熟睡できました。マットの厚みって2センチ増えるだけで劇的に快適になるのを実感しました。

楽天検索>>コージー キャンプマットレス

 

resize1496.jpg

後方からの写真です。いやいや、フリードスパイクの荷台のスペースはカタログ上では2,015㎜ですが。。。現実には、後部の形が湾曲しているので、2,070㎜ぐらいあるんですよ。。。これだけの荷台スペースがあると、市販されているほとんどのキャンピングマットを寸法を気にせず車中泊マットとして使えると思います

space_02.jpg

resize1498.jpg

新しいイスカの車中泊マットで寝てみましたが、やっぱり最初に使ってみた感想通り、厚みがあるので寝易いです。生地の質感も、毛羽立っている感じなので、肌触りもイイ感じ。あと防水(撥水)効果があるので、コーヒーをこぼしても大丈夫でした。

改めて、快適に爆睡するには、フルフラット+寝心地のいいマット+自分にあった枕がポイントだなぁって思いましたよ(笑)

そうそう、特に夏場は車内の温度が上昇するので、マットを使わないときには車から降ろしておいた方が、トラブルもなく長持ちすると思います。

特に、直射日光を受けるような車内に、マットを置きっぱなしにしていると、マットの中のボンドが熱で溶けて、中の裏地が剥がれる可能性あるのでご注意ください。

 

フリード専用-車中泊マット自作はこちら♪

 

上に戻る