車中泊アイデアTOPに戻る

 

フルフラットシートに銀マット

 

車中泊フルフラットシート(板)に銀マットを貼り付けました。これは快適だ(^^)

 

←BACK

 

完全フルフラットのため、折りたたみ式の板マットを自作して、その上に、キャンピングマットを敷いて寝ていましたが、キャンピングマットはサイズが小さいので、寝返りをうったときなど、体がキャンピングマットからズレてしまい、結局、板の上で眠っているケースもあったので、今回、板マットに直接銀マットを貼り付けました。

 

フルフラット板マット

とりあえず、板マットを部屋の中に入れてっと。

猫が邪魔ですねぇ~(^^)

フルフラット板マット

なるべく、厚みのある銀マットの方が寝心地が良いので、

1.5センチ厚の銀マットを購入しました。

フルフラット板マット

両面テープは三箇所。こんなもんでいいだろう(^^)。

フルフラット板マットに銀マットを貼り付け

ご覧のように、板マットの形どおりに、貼り付けて♪

車中へセット

愛車NOAH号へセットです。

いやいや、厚みがあるので寝心地がイイ感じ。

ズレないし、眠ることに集中できそうです(^^)

フルフラット板マットの厚さ

1.5センチ厚の板に1.5センチ厚の銀マット。

結構厚みがありますねぇ~。イイ感じになりました♪

 

板マットとの連結棚の作成

作業が完了した後、板マットを持ち運べるように取り付けた取っ手部分を応用すれば、
車内に動かない棚が出来そうな気がしたので、製作時の廃材を利用して
衝動的に棚を作ってみました。

完成した高足ガニのような形になってしまいましたが、足の一本一本に意味があります。
また、車内は微妙に床の高さが違うので、設計図なしの行き当たりばったりの製作となりました。

車中泊 便利棚

車中泊 便利棚

今回作った床に取っ手を追加。3個にしました。

車中泊 便利棚

車中泊 便利棚

ご覧のように、板マットに取り付けた取っ手の穴に、
棚の足3本をセットします。

セット完了。左右、前後に動かしても
ビクともしません。完全に固定されました。
外す時は上に持ち上げれば簡単に外れます。

ちなみに、以前サードシートが邪魔なので
外してしまったことがありますが、
事故の時、保険が利かないという話を聞いたので、
しかたなく再び取り付けました。

車中泊 便利棚

車中泊 便利棚

棚の手前右側の足の間隔は少々広くしたので、
棚の下の空間に、
何時も使っている大型のクーラーバックがセットできます。

棚の上にはシュラフをセット。
いつもクーラーの上の空間がもったいない
気がしてたのでこれで解決です。

クーラーバックも隙間から手を入れれば開閉可能。
フローリングのような床と棚の完成で
屋根裏部屋へと変身。
結構落ち着きますね。
車中泊スペースを有効利用できた気がします。

車中泊 空間

なんとなく統一性がなかったのと、ハンドクリーナ用の箱をつけたので、
ついでにペンキを塗りました♪

車中泊 便利棚 塗装

 

車中泊 棚完成

 

 

 クーラバックの蓋押さえの作成

今回作成した棚の隙間から手をれて開閉可能になったクーラーバック。
でもクーラーバックの蓋は結構重く、片手で蓋を押さえながらエサなどを入れるのが厄介。
開閉した蓋が落下しないよう固定できるものを探していたところ、回転ロングフック(AIWA製)を見つけたので早速取り付けてみました。



ガクンガクンと様々な角度で固定する可能。ガタガタガタと音がすることもなく
シッカリしてる

回転ロングフック
定価680円と少々高いが、
優れものフックだ。

車中泊アイデア画像

車中泊アイデア画像

車中泊アイデア画像

 

車中泊アイデア画像

 

上に戻る