車中泊アイデアTOPに戻る

 

車中泊-愛用シュラフ

 

車中泊で使うシュラフやキャンピングマットの紹介をしています

 

4月の車中泊記事はこちら>>

 

5月の車中泊記事はこちら>>

 

←BACK 車中泊カーテン・網戸

車中泊マット NEXT→

 

シュラフは掛け布団にあたる部分ですが、マミー型より布団感覚で利用できる封筒型のシュラフの方が抵抗なく眠れるのも事実でしょうけど、本当に寒い場所で眠る場合は登山用のマミー型の方が適していると思ってます。シュラフには快適な利用気温というのがあります。氷点下の環境でのシュラフを使うことはないから一般的なシュラフで十分という考える方も多いとは思いますが、この氷点下まで対応できる登山用のシュラフって、結構一年中使えるものなんですよねぇ。暑ければチャックを開ければいいし、そこから足を出せばいいしっていう感じで出番は多いと思ってますよ。このページでは簡単ですがシュラフの紹介と洗濯方法を記事にしてますので時間のある方が、サクッとご覧くださいませ(笑)

 

爆睡するためのシュラフのご紹介♪

 

モンベル スーパーストレッチバロウバッグ#2ロング

冬用 快適睡眠温度域-4度~

城ヶ島や金谷等で、もう何度もこのシュラフを使って車中泊をしましたが、真冬時期の車内は外気温と同じ0度になることがよくあります。モンベル スーパーストレッチバロウバッグ#2ロングを使ってますが、このシュラフの中綿で使用されているエクセレントが本当に軽くて暖かいんです。ジッパーを閉めれば外気は入らず暑いくらい。ただ、私だけかも知れませんが、蒸れを感じることがあるので、足元のジッパーを空けて温度調整してます。マイナス4度ぐらいが適温なので、冬だけしか使えないのではなく、ジッパーを全開して賭け布団として利用すれば利用多くの季節で使えるようになりるんです。 

モンベルのファミリーバッグ #1

春~秋用 快適睡眠温度域7度

エクセロフトを使用した封筒型スリーピングバッグでモンベルのファミリーバッグ #1です。エクセレントなので、速乾性に優れ、汚れても手入れが楽そうだったので購入しました。サイドのL字ジッパーを開放して大きなブランケットとしても使えるのがが便利。なんといっても、エクセレントの軽さと暖かさを経験すれば、追加購入もやはりモンベルしかないような。家庭で使う布団と同じ形なので、違和感なく寝られます。【サイズ】最大長210×最大幅105cm と一般的なシュラフより若干大きいのも気に入ってます。このシュラフ、プラス7度ぐらいが適温なので予備シュラフとしての出番も結構多いですよ。真冬でこれ一枚は寒いかな(^^)。

 

日本は四季がありますから、厚手のシュラフのほかに毛布のような薄手で暖かい封筒型のシュラフがあると結構助かります。過去。。魚を追いかけ、数えきれないぐらい車中泊してるけど。。。釣れた魚は数えられるなぁ~~。トホホ。

 

いずれにしても、快適に眠るにはシュラフとマットは大切だということが言えますね。熟睡出来ないと旅の疲れも取れませんからねぇ~~

チョットここで、モンベルのシュラフのエクセレントという素材をご紹介。モンベルのスリーピングバッグにも使用している中綿素材で、中細8デニールの中空ポリエステルの一本一本をスパイラル、ジグザグを複合した不規則な捲縮(三次元捲縮)にして中綿を立体化し、さらにこの繊維の隙間を埋めるように超極細0.7デニールのポリエステル綿を封入しています。だと。(笑)

この構造によって、空気層が増えて保温率が向上。弾力性も増すためロフト保持性も向上しました。濡れや湿気に強く、気軽に洗濯できます。

シュラフ 繊維

コールマンSilverFoxCompact/15 

とてもコンパクトに収納できる。4ホールファイバー採用で薄手だが結構暖かい。15度Cから使用できる。夏はこれで十分だ。車内に置いておくサイズとしても丁度いいです。

コールマンSilverFoxCompact/15

夏用 快適睡眠温度域15度~

 

シュラフ

繊維に4つの穴があいた高性能ポリエステル中空素材。復元力が高く、少ない量でも保温性を発揮する。速乾性があり洗濯も可能なので、扱いやすい。同種のホロフィルⅡは、米国デュポン社製。

☆いずれにしても、シュラフの場合は適温域に余裕があるワンランク上の仕様(10度C環境で眠るのなら0度まで対応できるもの等)をケチらずに購入した方が後々後悔しないと思います。出来れば登山用のイスカやモンベルというブランドのものがイイと思います。

 

シュラフの洗濯について

 

モンベルの液体石鹸 オールパーパスソープ

ゴアテックス等の衣類を洗濯するときに使っていますが、今回もコレ!3本並んでいますが、使ったのは1本。イヤイヤ、そんなに使わなくても大丈夫、キャップ3倍分ぐらい入れてみましたが、これでも多いぐらいです。スリーピングバッグの中綿素材を大別するとダウン製と化繊製の2つがあります。それらの素材の洗濯方法で違うところといえば、まず使用する洗剤だと言えます。化繊ならば家庭用の中性洗剤で問題ありませんが、ダウンの場合、通常の洗剤を使用すると羽毛についている油脂がとれてしまうので市販されているダウン製品専用の洗剤を使用してください。 

 

汚れが強力なときはベンジンが効果的 (モンベルHPより)

 

モンベルの液体石鹸 オールパーパスソープ

流しのように見えますが、実はお風呂です。ロングサイズのシュラフなので、タライで洗うのがベターでしょうが、我が家には無~い。

モンベルの液体石鹸 オールパーパスソープ

折りたたんでいると小さいですが、サイズは最大長226×最大幅106cmで、適応身長は193cm。と大きいです。重量は1.80kg 

シュラフ

ファスナーをきちんと閉めます。※ファスナーを開けたまま洗うと生地を痛めることがあります。(モンベルHPより)

とありますが、内側まで洗剤で入って綺麗に洗えるようにファスナーを全開で洗いました。

シュラフ 洗濯

水分を吸ったシュラフは重くて、手じゃ洗えません。

15分ぐらい、足踏みで洗濯。足でねじったりしました♪

シュラフ 洗濯

浴槽やたらいなどにぬるま湯(もしくは水)を入れて洗剤を溶かし、全体を浸して押し洗いをします。ねじったりひねったりする必要はありません。軽く押し続ける(踏む)程度で表面素材や中綿に付着していた汚れが出てきて濁るはずです。(モンベルHPより)

シュラフ 洗濯

30分ぐらい洗ってはすすぎを繰り返し、泡が立たなくなったので終了。上記注意点も無視し、重たいシュラフを洗濯機(脱水機)に入れて3分脱水。

 

シュラフ 洗濯

洗い終わったら浴槽の栓を抜くか、たらいを傾けてスリーピングバックから自然に水が抜けていくのを待ちます。※水が抜けていないのに無理に持ち上げようとすると縫い糸や生地などを傷つけることがあります。そして壁に押しつけるように軽く脱水し、何度か水を換えて十分にすすぎを行い、同じ要領で脱水をしていきます。(モンベルHPより)

シュラフ 洗濯

洗いあがったものは、型くずれ防止のため、スノコや網戸などの風通しのよい平らなものの上に乗せて平干して、風通しの良い日陰でゆっくりと時間をかけて完全に乾燥させます。完全に乾燥するまでにはかなりの時間(一週間以上の場合もあります)がかかるので、この作業は気長に行うべきですが、ダウン製であれば低温乾燥機を使用して作業時間を短縮きます(むしろこちらの方が望ましい)(モンベルHPより)

 

シュラフ 洗濯

陰干し? 面倒くさいので日向に干しました。

生地などを傷つけたかも知れませんが、ほとんど自己流で洗濯完了。次回の洗濯時は基本通りやろっと。結局、車内で使っていたシュラフは想像していたほど汚れはひどくなく、4~5年に一度の洗濯だOKのようだ。

 

楽天検索>>イスカのシュラフ

 ★楽天>>車中泊用マット一覧★

 

上に戻る