車中泊アイデアTOPに戻る

 

寒い時期の車中泊用品

 

真冬の車中泊体験記事と、車中泊グッズ・用品の紹介です。

 

←BACK 冬の車中泊体験記

NOAH故障・トヨタクレーム NEXT→

 

秋の車中泊は、明け方の冷え込みだけを注意すれば、薄手の下着や薄手のシュラフでも寒くなく、朝まで熟睡できますが(ちなみに千葉県and茨城県等)。11月に入ると、深夜寒くて目が覚めたりし始めます。面倒ですが車内に乗せている夏や秋物の衣類から厚手の冬物の衣類への入れ替えが始まります。(笑)。衣類のほかに、シュラフも封筒型のシュラフから暖かいマミー型のシュラフに変更したり、毛布代わりに薄手の封筒型シュラフも追加で車に乗せるようにしています。

寒い時期に車に乗せてる衣類バッグの中身!

下着や衣類も結嵩張り場所をとりますよねぇ~。でも備えあれば憂いなし。。寒くて眠れなくなったら嫌なので衣類は沢山持って出掛けた方がいいでしょう。(笑)。

寒い時期に向けた衣類を詰め込みます♪

冬用の衣類、防寒着のほかに、冬だから必要っていう品物では無さそうですが、念のためレインウェアも上下入れてますが。シュラフは厚手と薄手の2枚です♪

レインジャケット。ゴアテックスなんですが、ゴアテックスは完全防水ではありませんよ~。雨が滲みこんでくるので、撥水や防水スプレーが必要です!車中泊に必要ではありませんが、冬の雨は冷たいので必ず持って出掛けます♪

fuku04.jpg

こちらでも紹介していますが、ISUKAのキャンピングマットです。基本的にフリードスパイクは底冷えは感じませんが、なるべく厚手のマットを敷いて寝るようにしてます

滅多にやりませんが、凄く寒い時は、このマットの下に、ウェットスーツ素材のシートを敷くこともあります♪

mat.jpg

モンベルのアウタージャケット。プレサーモのジャケット等♪ゴアテックス製で10年以上着てますが、車内で着るというよりも、チョット羽織る感じで着ることが多いです。ただ、そんなに暖かいアウターじゃないんですよ。

車内、チョット羽織る感じでは、化学繊維のチョット薄いダウンで十分です♪

厚手のフリースはかなり暖かいんですが、モンベルの静電気が少ないフリースだけは持ち出しますが、フリースは基本的に静電気が多いのであまり着用しません。特に安いフリースほど静電気が多いので絶対に持って出掛けません。

寒ければ肌着を2枚重ね着するときもあります。

防寒ズボンです。最近は山登りばかりしているので、防寒ズボンもこんなに厚手のものは入れてませんが、念のため持っていると安心。。車内では、モンベルのズボンを着用。

暖かいプレサーモ系の上下肌着!!車内温度が5度近くになると、コレでも寒く感じる場合は、ホカロンか湯たんぽの出番になります。

2セット。チョット厚手の下着をバッグに入れてます。

fuku06.jpg

 

靴下も2セット。真冬には厚手で長めの靴下を乗せてます。

タオルは、四季を問わず多めに乗せてます。日帰り温泉に立ち寄った時や、フロントガラスの内側に付いた霜を拭くときに。出番は多いですね♪

首や肩の冷えを防ぐと暖かいので、ネックウォーマーも忘れずに!

車にも温度計は付いてますが計れるのは車外の温度(笑)真冬の車内の温度が知りたかったので、AmazonでSEIKO CLOCK(セイコークロック) PYXIS アラーム 2チャンネル電波デジタル目覚まし時計を購入しました。価格は送料込みで996円!!。(安~い)

温度計と湿度計が付いてるし、アラームも2つ付いてます。作りもシッカリしているので、これはお勧めします♪

車中泊、温度計

フロントの窓には銀マット!。。。カーテンは当然として、フロントの左右のウィンドウには、ご覧のような銀マットの目隠しをします。冷気は窓から入ってくることが多いので、銀マットやカーテンは必須でしょう♪

P1010815.jpg

イワタニのIP-2243は定番ですよねぇ~。それとケトルを使って車内でお湯を沸かして、温かいラーメン♪ 湯たんぽのお湯作成!!♪

 アマゾン検索>>イワタニプリムスIP-2243

ライテック・ケトル

エ!。。何がイイ。。IP-2243は一生モン。ライテックのケトルも同じだけど、使い勝手イイよ~(笑)

立つ湯たんぽ3 プチ 袋付 600mlです!

0..6Lのお弁当箱サイズの湯たんぽですが、有るのと無いのとでは大違い!。温かいですよ~。0.6Lを選んだのは、ケトルが0.9Lなので、コーヒーを入れるのに使った残り湯を湯たんぽに入れることが出来るので購入しました。小さいのに7時間ぐらい温かいので満足!!2つゲット!(笑) Amazon>>立つ湯たんぽ

ちなみに、充電式湯たんぽも検討しましたがトラブルが多いのでパスしました。

 

サブバッテリーを積んだ快適なキャンピングカーとは違い、普通の車なので、寒い時期の車中泊に備えられることは、厚手の衣類や暖かいシュラフを用意するぐらいかなぁ~って思っていますが、そうそう、過去シガレットから電源を取って使う電気毛布を使ったことがあるんですが、素材が静電気が多いフリースだったので、車内が乾燥すると異常なほど静電気が発生し、使い物にならなかった経験があります。そんなことがあり、もう二度とフリース素材のものは使っていませんが、その代わりに、ホカロンを沢山積んで、真冬どうしても寒い場合は3つぐらいシュラフに入れて爆睡してます(笑)。

冬だからという訳ではありませんが、イワタニプリムスIP-2243とPRIMUSのケトルを乗せてます。四季問わず、車内で暖かい物を飲んだり食べたりするときに助かってます

朝は暖かいコーヒー。。。お腹がすいたらラーメン♪タマリマセン(笑)

P1000563.jpg

アマゾン検索>>イワタニプリムスIP-2243

ライテック・ケトル 

最近の車は密閉性が高まり、外気が入りにくくはなっていますが、出来ることなら内張りを外して断熱材を入れると結構寒さ対策になるものです。NOAHの時も、現在のフリードスパイクも、ニードルフェルトを入れました♪

 

 

上に戻る

 

冬の車中泊体験日記>>寒い時期の車中泊用品