TOPに戻る

 

フリードスパイク-自作フロアボード

 

←BACK フリードスパイクの燃費

フロアボードにマット取り付け  NEXT→

 

フリードスパイクの売りでもある“反転フロアボード”このフロアボードを反転させれば1段低いフロアに様変わりするので、26インチサイズの自転車などをなんなく積載できると言う。結構アイデア満載のボードですが、現実的には何パーセントの方々がフロアボードを反転させて使っているんでしょうかねぇ。

 

自分の場合は、ご覧のように、フリードに自転車を乗せることはありませんから、結局、床下収納として使っていました。

ただ、床下収納として使う場合、物を取り出すときに、いちいち、重たいフロアボードを外さなければならず、凄く面倒に感じていました。ということで、フリードスパイクの標準装備のフロアボードを外し、蓋付きのフロアボードを自作してみました。板は、以前、ノアを完全フルラットにするために、使っていた板を再利用です。

最初に板をバラバラにしました。ラワンランバーコア 厚さ10ミリの板です。

floorbord023.jpg

ちなみに。。。同じ厚さの板の場合。ラワンランバーコア材が一番湾曲が少ないです。

1.ラワンランバーコア材 2.ラワンベニヤ 3.シナランバーコア材 4.シナベニヤ 5.MDF

フルフラット用の板や、今回のようなボードに使う板は、湾曲が少ない方がイイですよね♪

 

フロアボードを置いて寸法をチェック。

floorbord022.jpg

こうやって、反転フロアボードを見てみると、左の銀色部分(スロープ部)のスペースが無駄に大きいですよね。ボードを反転して使わない人にとっては、まさに無駄な部分でしょうねぇ。

 

まぁ。気分、気分、ジグソーで適当にカット!!(笑)

floorbord024.jpg

 

ご覧のように、フロアボードに蓋を付ける為、くり貫きました。

floorbord026.jpg

 

フロアボードに蓋を取り付け。

floorbord002.jpg

 

リア側を持ち上げるために、下駄を履かせましたよ。

floorbord003.jpg

 

同じ長さでカットしたんですが、スパイクのフロアボードって、左右長さが違うのか?。。。隙間が違っているので板を取り付けガタをなくしました。

floorbord014.jpg

 

そうそう、フロアボードって、純正品は100キロの重量に耐えられる仕様になっていたので、蓋の部分に人間が座っても壊れないように、ストッパーを取り付けました。この写真の後に、2箇所追加してます。

floorbord004.jpg

 

車内から簡単に蓋が開けられるように、。紐を取り付け

floorbord001.jpg

 

こんな感じでピッタリセットできましたが、なにしろ、前車NOAHで8年ぐらい使っていた板なので汚いですねぇ。

floorbord007.jpg

 

白い水性ペンキで塗装をしたら少しは綺麗に見えるようになりましたが、この板の上にキャンピングマットを敷いて寝てしますと、蓋が開かなくなってしまうので、結局、銀マットをカットして貼り付けましたよ。

floorbord008.jpg

 

余っていた銀マット(厚さ1.5センチ)も再利用なので、小さくカットしては、両面テープで貼り付けてます。

 

自作フロアボード完成!

車中泊時、車内から紐を持って持ち上げれば、簡単に物が取り出せます。右スライドドアから見た写真。

 

 

今までより使い勝手は格段に向上したような気がします

フリードスパイクの反転フロアマット。。。反転しない方は床下収納として活用しましょうか。(笑)

続く。。。(笑)

 

 

←BACK フリードスパイクの燃費

フロアボードにマット取り付け  NEXT→