TOPに戻る

 

仕切りケース自作

 

←BACK フロアボードにマット取り付け

車中泊-棚製作   NEXT→

 

ホンダのフリードスパイクの反転フロアボードの床下には、幅の広いスペースがあります。ただし、リア側に向かうほど、高さが低くなっているんです。

反転フロアボード下スペース写真

そこには普段あまり使わない釣り道具(汗)や車中泊用の道具などを入れていますが、フリード標準のフロアボードには扉が付いていないので、取り出しにくいという難点がありました。そこで、蓋付きのフロアボードを自作し、使い勝手は格段と良くなったのですが、。

自作反転フロアボード写真

2013年のGW!。今度は、さらに取り出しやすいように、床下収納部分に仕切りケースを自作することにしました♪ 早速。。。。反転フロアボードを外し、床下の寸法の確認です。

深さは9センチから11センチぐらいと少ないですが、下図のようなかなり広いスペースがありました。

フリードスパイク、床下寸法

 

2013年4月28日 午後。。。木材を買いにD2へ♪

地元には、ホームセンターは数多くありますが、今回は、ケーヨーD2へ出陣です。ただ、木材の品数が想像していたよりも少なかったので、自分で作った設計図の幅8センチの木材を購入できず、仕方なく幅4.5センチの木材の妥協買いとなりました。(笑)。

最終的に決定した仕切りケースの寸法です

77センチ3本   91センチ2本    58.5センチ2本   28センチ1本

そして、ベニアが91センチ×80センチ 一枚購入です。

 購入した木材には念のため、木部保護塗料を塗りましたよ。

塗料が乾いた頃を見計らって、木工用ボンドとビスで組み立て。ケースの底には、車で移動中、ガタガタとうるさくないよう、衝撃吸収用のゴム等を貼り付け後、早速フロアーボードを外し、セットしてみるとご覧のような感じで運よく?。。ピッタリと収まりました。

仕切りケース1

 

仕切りケース3

フリードスパイクの反転フロアボードと仕切りケースの自作は、これで終了です♪今回、8センチ幅の木材を探していましたが、売ってなかったので、渋々4.5センチ幅の木材を購入となりましたが、結果オーライ!この4.5センチ幅の板で大正解でした。ご覧のように、手前(リア側)にいくほど高さが狭くなっているフリードスパイクの床下。(笑)

もし8センチ幅の板で作ってしまったら、フロアボードと仕切りケースが接触してしまい、フロアボードが閉まらなかったと思います。

仕切りケース2

高さ4センチの仕切りケース。チョット高さが足りなかったので調整。

↓ ↓ ↓

仕切りケース

手前は2センチアップし、トータル6.5センチ。中央および奥は、4センチアップで、トータル8.5センチの仕切りケースとなりました♪廃材利用で高さをアップしたので、ツギハギだらけでカッチョ悪いけど、これで床下を便利に使えそう!。車中泊中、床下から漬物取り出して。。。なんてネ。。(笑) ゴールデンウィークですが、どこに行っても混雑しているので、出陣は車中泊はGWが終わったころにしたいと妄想していますが、今日は、自作仕切りケースの中に100均で見つけた木の箱を入れれば、もっと仕分けがしやすくなりそうかなぁ〜なんて思いついたので買ってきました。(笑)。

内側には黄色いフェルトを貼って、異音防止です。(笑)

 

完成!。。。整理しやすくなったよ。(笑)

 

 

←BACK フロアボードにマット取り付け

車中泊-棚製作   NEXT→