TOPに戻る

 

フロアボードにマット取り付け

 

←BACK フリードスパイク-自作フロアボード

仕切りケース自作   NEXT→

 

反転フロアボードに1.5センチの銀マットを貼り付けて完了してましたが、銀マットの上で車中泊をした人なら分かると思いますが、体が銀マットの上で滑ります。汗。布団の上で寝るのが慣れているので、布団の上で滑るなんて、遺伝子レベルで拒絶反応が起きてしまいます。(笑)。

<完成1>

 

一見、カッコ良く見える?銀マットは、眠れないです。だから、車中泊をしている人はキャンピングマットの上で寝る人が多いのかもしれませんね。ということで。。。作業開始!銀マットを貼った、自作反転フロアボードに、防水性を高めるためテーブルクロスを貼り付けました。

ご覧のように、キャンピングマットの上にテーブルクロスを貼っていきます。

厚手の両面テープで固定。

 

滑る銀マットを貼ったフロアボードが。。。

テーブルクロスに変身!!。(笑)

 <完成2>

 

ここから、再び、貼ったものは。。。アルティアックライトプラスという、ものすごく薄手のキャンピングマットなんですが、登山用なので、信じられないぐらい軽くてまた暖かいんですよ。

このキャンピングマットをカットしてフロアボードに貼り付けていきます。

蓋の部分はウレタンを貼った後に、キャンピングマットを貼り付けました。

こんな具合になりました。

 <完成3>

フリードスパイクの自作反転フロアボードは、厚さ10ミリの ラワンランバーコアという湾曲しない板で作成。その上に、厚さ15ミリの銀マットを貼り付け。さらにその上に、テーブルクロスを貼り付け。最後に、登山用のキャンピングマットを貼り付けました。

 

2013.5.3 フロアボードの厚み調整。

ゴールデンウィークは、遠出する予定が無かったので、今日は、フロアボードの厚み調整をやってました。(笑)簡単に言えば、自作反転フロアボードに貼ったテーブルクロスや銀マット等全て剥がし、今日購入してきた、厚さ10ミリの銀マットとゴムクロスを貼り付けです。

これが本日買ってきた銀マットです。

P1230567.jpg

型取りした銀マットを厚手の両面テープを使って、ボードに貼り付け♪

ご覧のように少し薄いタイプの銀マットです。

銀マットの上に、また両面テープ♪

今度こそ、完成です。(笑)

 <完成4>

フリードススパイク 自作反転フロアボード

厚みも丁度よく、クッションも丁度いい感じで仕上がりました。

感想: 今回、フリードスパイクの反転フロアボードを自作してみましたが、フロアボードの床に貼った材料や色に悩みましたねぇ〜。銀マットは体がズルズル滑ってしまったり、テーブルクロスを貼り付けたら、今度は、かなり格好が悪くなってしまった。銀マットの上にキャンピングマットを貼り付けたんだが、今度はキャンピングマットがはがれ易かったぁ〜〜。そして、銀マットの厚みが大きいと、段差が出来てしまうことにも気付きましたねぇ。いずれにしても、今回は、予想以上に労力を使いましたよ。ということで、フロアボードはもう作りませ〜〜ん。(笑)

 

まとめ♪

何度も張り替えているので分かりづらいのでまとめました。

P1230348.jpg

×銀マットは体が滑るのでNG

P1230377.jpg

×テーブルクロスは格好が悪くなったのでNG

P1230385.jpg

×キャンピングマットは剥がれるのでNG

P1230581.jpg

銀マットとゴムクロスでOK

 

 

←BACK フリードスパイク-自作フロアボード

仕切りケース自作   NEXT→