TOPに戻る

 

サイドガラスに銀マット&虫除け網戸

 

フロントサイドのサイドガラスに銀マット(サンシェード)と網戸の取り付け

 

←BACK 車中泊カーテンの取り付け

車中泊マット自作 NEXT→

 

フロントのサイドガラスに銀マット(サンシェード)の取り付け

真夏時期における車内の気温上昇を防止したり、車中泊時のプライバシーを確保するため、車のフロントガラスに銀マットで出来たサンシェードを取り付ける方は多いと思いますが、出来ることならフロントガラスだけではなくフロントのサイドガラスにも銀マット(サンシェード)を取り付けると、真冬の寒い時期に、ガラスから伝わってくる冷気を遮断することで車内の冷え込むのを防ぎ、フロントガラスだけの時と違い、サイドからの目隠し効果も期待できるので、プライバシー効果が更に高まることは間違いなさそうです。サイドガラスに張り付ける日除け止め効果のあるメッシュで作られたものは販売されているのですが、それよりも銀マットの方が多くの効果が得られると思ったので、フリードスパイクのサイド窓にピッタリとセットできる折りたたみ式のサンシェード自作してみました。まずは、薄手の銀マットをホームセンターで購入してきました。(厚手のものは折りたたんでも、車内で嵩張ると思ったので薄手の銀マットにしました)

購入した銀マットは、窓枠より少々大きめにハサミでカット。こうすることで、窓枠にピッタリと挟まり外れることはありません。

外から見るとこんな感じになります。予想通り日中は完璧に太陽光をカットできるので車内温度の上昇も抑えられるし、夜は目隠し効果によってプライバシーが確保できました。使わないときは、コンパクトに折りたたんで収納できるので、邪魔になることはありません。

 

2014年6月1日 車中泊時にムシムシするので空気の通りを良くしました♪

穴の大きさはペットボトルの蓋の大きさです。小さなハサミで切って穴をあけました♪。この場所なら穴をあけても外部から覗かれることはないだろう〜。。。(笑)

 

 

網戸(防虫ネット)の取り付け

前車NOAHのときは、マグネットとネットを使って網戸を自作しましたが、フリードスパイクには、簡単に取り付け可能な網戸(防虫ネット)が販売されていたので、購入しました。

 

車内から見るとこんな感じになります。

購入して初めて取り付けるとき、この防虫ネットには左右があるのを知らなかったので、少々戸惑いましたが、それが分かってからは超簡単に取り付けができました。実際の効果ですが、防虫ネット(車中泊網戸)を取り付けてない状態で窓を開けていた去年の夏は、夜、明るい車内めがけて虫が飛んできて入ってきたし、空気の入れ替えのためにチョットだけ開けた窓の隙間から蚊などが入ってきましたが、この防虫ネットを取り付けてからは、窓ガラスを全開にしてても、蚊は一匹も入ってきませんでした。それと、結構シッカリした網の目の小さな黒いネットなので、日中は外から車内が見えなくなるので、プライバシー効果も結構ありました。

 

自分は煙草を吸いませんが(正しくは一年前に禁煙)、煙草の煙で車内が真っ白け!!そんな人にもこの防虫ネットはお勧めできるかなぁ♪(笑)

 ネット通販では多くの網戸(防虫ネット)が販売されていますが、このcretom [ クレトム ] 快適ドライブアイテム 車内を快適に 子供も大喜び! [ CRETOM ] SA-108は、上からチョコっと被せるだけで、簡単に装着できるし、なにしろ超安いのに品物がイイ!。お勧めですよ(笑)

 

防虫ネットは、左右にセットすることで、風が左右に流れるので、かなり涼しく感じます。ただ、前席だけなので車内後部へは、冷たい外の風は上手に循環しないです。

P1020245.jpg

この、乾電池式扇風機は、運よくフリードスパイクのヘッドレストにスッポリとセットできるので、ご覧のような場所に固定できます。このようにすることで、前席の冷たい空気がムッとする車内後部まで行きとどき、かなり快適になりました。

ドウシシャのNPM-1081Uの記事はこちらです

P102026220.jpg

 

←BACK 車中泊カーテンの取り付け

車中泊マット自作 NEXT→