TOPに戻る

 

車中泊時の枕とマット

 

←BACK 敷布団-車中泊マット

枕へのこだわり NEXT→

 

快適な車中泊の条件は完全フルフラット!そして、キャンピングマットと枕は必須だと思っています。随分前に購入した快適に眠れる枕を使っていたのですが、ノアからフリードスパイクに買い換えたときに、紛失してしまいました。そんなことがあり、ず〜っと気になっていたんですが、スーパーオートバックスに出掛けた次いでに隣のフロアにあったSUPER SPORTS XEBIOを覗いてみたら、バカンスシートいうものがありました。折りたためば枕として使えるようだし、広げればキャンピングマットとして使えます。自分は性格的に、枕として使えて。。プラス。。。コレにも使えます的なものが好きだったので、早速1590円で購入してみました。(笑) 

バカンスマット。

正式名はVacances Mat(バカンスマット)ピクニックや運動会など、アウトドアにぴったりのオシャレなレジャーシート♪表は起毛で、裏面は防水生地。コンパクトに畳めて持ち運びにも便利らしい。

正式名はバカンスマット。

ご覧のようにマジックテープをはがすだけで、簡単に広げることができました。大きさは、130センチ×170センチ(4人〜6人用)のレジャーシートの大きさのようです。

広げたマット

試しに部屋で広げてみると、使い勝手のいい、丁度イイ大きさのようでした。裏地が防水っていうところも車中泊では便利そう。

フリードスパイクの車内寸法

フリードスパイクの寸法を確認すると、長さ約177センチ。幅約100センチなので、この130センチ×170センチのマットはほぼピッタリの大きさでした。

マット1

敷いてみると、ジャストフィット♪

マット2

車のリア側から見てみると、こんな感じになります。

マット3

コンパクトに畳めば枕になるし、広げればマットになるので便利そうでした。

車中泊枕

軽いんですが、枕にしたとき硬いので、寝心地もいいかな♪

車中泊マット1

車内から降ろしたマット1

キャンピングマット。

車中泊マット2

車内から降ろしたマット2

コールマンのマット。

車中泊マット3

車内から降ろしたマット3

オートバックスで購入したマット。

感想:普段、布団で寝るときに使っている枕と同じような高さの枕が一番眠れると思ってます。個人的には柔らかい枕は苦手。硬い枕が好きですが、このバカンスマットは柔らかかったです。・・・ということで、長期間の車中泊だと、もう少し厚めのシートの方がいいとは思いましたよ。バカンスマットは所詮バカンスマットかもしれない。。。という結論に達したのでこのマットは、記事にしたように枕としても使えますが、マットの状態で使うことにしました。(笑) このバカンスマット!マットとして使わないときは枕として使おう〜って思ってましたが、結局枕にしては柔らかくて寝づらかったので、後日車中泊専用枕を購入しました。(やっぱり専用枕がイイよなぁ)

↓      ↓      ↓

ネットでは、いろんな種類(素材・形)の枕が売られてましたよぉ〜〜。たとえば、枕の中に入っている素材で言えば、エステルわた、パイプ、ストロー素材、低反発ウレタン素材、羽根、フェザー素材、ビーズ素材、そば殻等がありますが、今回は、普段、家で使っているのと同じそば殻の枕にしました。実は、このそば殻の枕にたどり着くまでの間に、低反発枕やストロー素材の枕なども使っていたのですが、特に低反発枕は、頭を乗せると高さが低くなり、これでも枕かよ!と言いたくなるような枕で眠れなかったですねぇ。それに比べ、そば殻枕は通気性もいいし、ある程度の重みもある。そして適度な高さと硬さがあるので、自分には一番合っているようで、熟睡できます。そんな、枕なので、車中泊用の枕として使った場合でも、違和感もなく、 間違いなく自宅で寝るのと同様よく眠れると思ってます。

key_new.gif ★人気のそば殻-まくら検索★

 

枕1

届きましたよぉ〜〜そば殻の枕♪車中泊専用枕にしたいと思ってます(笑)

枕2

寝心地がいいので、もう一つ追加注文。枕って眠りに影響しますよね♪

 その後・・・・この枕(自宅で使っているのと同じ枕)にして車中泊をしましたが、やっぱりイイです。首の角度も丁度いいし、良く眠れましたよ。自分には適度な固さがある、そば殻まくらが合ってるんでしょうね。

 

←BACK 敷布団-車中泊マット

枕へのこだわり NEXT→