TOPに戻る

 

車中泊・自作コインホルダー

 

←BACK フリード・車中泊用テーブル自作

助手席と二列目シートの隙間 NEXT→

 

車中泊で出陣したときや、チョットしたお出かけ時も。。小銭が必要になること結構多い。オートバックスに行けば、市販の便利なコインホルダーやホルダーを購入できますが、今回、フリードスパイクの運転席側ダッシュボードにピッタリ収まる大きさのコインや小物を入れることの出来るチョット大きめのコインホルダーを自作してみました。

コインケースの板購入

仕事の帰り道、ケーヨーD2で、厚み18ミリの板を購入し、お店で半分にカットしてもらい、お持ち帰りです。

コインケースの板張り合わせ

先日、助手席側のダッシュボードの部分に、自作した小物ケースを取り付けましたが、コレより厚みのあるケースを運転席側ダッシュボードの部分にコインホルダー(ケース)として取り付けたかったので、18ミリの板2枚を木工用ボンドで接着しちゃいました。

フリードスパイク運転席側のダッシュボード付近

フリードスパイクの運転席側のここに、自作したコインホルダーを取り付けたかったんですよ。(笑)

型取り

早速、アバウト!!。適当!!。こればかりは性格なので、仕方ない。治らないと思いますねぇ〜。ご覧のように、適当に型取りです。

2枚の板を張り合わせて36ミリの板をジグソーでカットです。板の厚みが大き過ぎ、上手にカットできませんねぇ〜。途中、刃も熱で折れちゃいましたよ。(汗)

板に、ジグソーの刃を入れ、板をくり抜くため、ドリルで大きめの穴を2〜3箇所開けます。

外枠をカット。そして内側をくり抜いた後は、底の部分の作成ですが、ご覧のようなグレーのチョット固めのプラスチックを利用しました。

下からビスで取り付けると同時に、木工用ボンドも塗りました。

次は、水性塗料で黄色に塗りました。ノアのときと違い、フリードスパイクでは、黄色という明るい色をメインで塗って楽しんでますよ♪車内を明るいイメージなる感じかな♪

板の部分はヤスリ掛けをしてますが、まだ粗いですねぇ。まぁ。気にしない。気にしない。(笑)

コインホルダー(ケース)に塗装が完了した後、クッションを両面テープで貼りました。こうしないと、小銭と木材が当たってうるさいよねぇ〜。

こんな感じです。。

底にも両面を張り、クッションを貼り付けました♪

コインホルダーなんか、手間を考えれば買ったほうが安いとは思うんですが、やっぱり自作だと愛着が沸くようなぁ。手作り感丸出しですね。。(笑)

コインケース

早速、取り付けてみました♪でも、よ〜く考えていたら、ここにコインを入れてたら、車をイタズラされそうな感じだったので、蓋を取り付け、中が見えないようにしました。

コインケース(ホルダー)

白色の余った板があったので、それをカットし、蓋を作りました♪

フリードのコインケース(ホルダー)

こんな感じで、コインホルダー(ケース)の完成です。

光に反射した白い蓋がサイドミラーに映りこみ、後方の視界が悪かったため、黒のフェルトを貼りました。

感想:面倒でしたが、フリードスパイクのダッシュボードの形にマッチした、コインホルダー’(ケース)が出来たので、やっぱり市販のより満足度は大きいですよ。特に、深さがあるので、車中泊出陣時に使いやすそう♪見てると、食パンに見えるのが気になりますが。。。自作中、結構体を動かせたので、健康的だったと思います。(笑)

その後・・・柔らかく伸び縮みする材質の底板を使っていたので、車内の温度上昇で変形したので、

底板の変更と同時に、小物入れの深さを浅くしました。(エアコンの吹き出し口に被ってしまった為)

P1230639.jpg

ご覧のように、小物ケースの底板が熱で変更。

P1230643.jpg

気持ちよく、ケースの深さを浅くするためノコギリでカット!!(笑)

P1230654.jpg

チョット黒のフェルトに木屑が付いちゃって汚れてますが、とりあえず修復完了♪

 

←BACK フリード・車中泊用テーブル自作

助手席と二列目シートの隙間 NEXT→