TOPに戻る

 

フリードスパイク-自作小物入れ

 

←BACK 助手席の足元狭さ対策

サイドトレイ上部有効活用 NEXT→

 

 

愛車フリードスパイクのダッシュボード上に小物ケース(入れ)を自作してみました。

運転席側には、車中泊時、チョットしたドライブ時に絶対あった方が便利かな♪

 

 

ダッシュボード部分に小物入れ

助手席側のダッシュボード部分ですが、ホンダって、ドリンクホルダーがフロントだけでも標準で3つも付いているので凄く便利べんりですね♪。

ただ、ダッシュボード上に広大な?スペースがあるので有効利用しないと勿体無い。

ダッシュボード上-小物入れ

ミッキーマウスの小物ケースを両面テープで貼り付けて使っていますが、なんだかイマイチ。。。

フリードスパイクのダッシュボード

結局・・・

小物ケース(小物入れ)を自作することにしました。(笑)曲線になっているので、とりあえず型紙で型を取りました♪

フリードスパイクのダッシュボード1

結構、幅があるので、板を2枚繋ぎ合わせることに。。チョット面倒だなぁ〜

ご覧のように、ジグソーでカット!黄色い板は下に敷きます

こんな感じになりました。塗装をしようかと思ってたのですが、まぁ、イイッカ。(笑)

自作小物入れ1

こんな感じ♪

フリードスパイクの小物入れ

ゴムシートを貼って、小物を入れたときに、ガタガタするのを防ぎます

フリードスパイクの小物入れ2

手前側のケースに蓋を取り付けるために型取り実施。フリードスパイクだからか?結構湾曲している部分が多いので、製作に手間が掛かりますねぇ。でも、これが自作の楽しいところかな♪

自作小物入れに蓋取り付け1

 木枠の部分は白の水性ペイントで塗りました。

自作小物入れに蓋取り付け2

両面テープで助手席側ダッシュボード上に固定したので、ケースがダッシュボードから、すべり落ちることはないと思います。

 自作小物入れに蓋取り付け3

アクリルで作った丈夫な蓋。曇りガラス風になっているので、外からだと、ケースに何が入っているのかが見えません。これが助かります♪

 P1220768.jpg

やっぱり枠は黄色い方が好きだなぁ〜。再び外し・・・・塗りました。(笑)

フリード自作小物ケースの色変更

こだわり。。。満足度と比例するようだ♪

さてさて、車中泊のときに、チョットした小物を入れたりできるので、便利そうな予感がしてます。(笑)

フリード自作小物ケース

カッコつける車じゃないしな。。最終的には黄色で塗装して完了。

P3171185s.jpg

明るい雰囲気の色を選びました。(笑)

暇だったので、黄色の小物入れ(ケース)を黒に塗り替えました。やっぱり、黒の方が目立たなくて、いいかもしれない。

小物入れに入れてるものは、魚の匂いが消えるティッシュ♪などなど。(笑)。。大したもの入れてないよなぁ

感想:結構面倒な作業となることが予測されたので、自作するのを躊躇してしまいましたが、結果、自作して正解だったと思います。車中泊をする/しないを問わず、やはり小物を入れるケース等があった方が便利だと思います。

でも、フリードスパイクにセンターコンソールボックスを置いている方は、こんなもの作る必要はないとは思いますが、私のように、車中泊が多く、運転席から後部座席に行ったり来たりすることが多い人は、多分、コンソールボックスは邪魔になるので置いていないと思いますので、そのような方は、このような小物ケースがあると便利だと思いますよ♪

 

リア棚に小物ケース取り付け

釣りの時、車中泊のときに使う道具類は、棚木の下に取り付けた2個のケースにより、整理できるようになりましたが、釣りのときって、小物を置きたくなるケースが多いんですよ。

たとえば、配合エサをナイフで開けた後のナイフ。から、夜懐中電灯を使った後に、チョコッと置きたくなったり。

問題は、どこに置いたのかわからなくなるのが一番面倒ですよね。

ということで、右写真のリュック左側のスペースに小さな箱を取り付けることにしました。

リア棚に小物ケース1

9センチ×46センチの小物入れの製作ですが。。。

ご覧のように、廃材を利用してますので、幅の短い2枚の板を繋ぎ合わせて、一枚の板にしてます。

木工用ボンドの接着力が強力なので、こんなことが出来るんですよね♪

小物ケース(小物入れ)

小物ケースに入れた、まさに小物が走行中に落下しないようにすることと、カタカタと異音が発生しないように、クッションを敷きます。

リア棚に小物ケース2

こんな感じで、クッションシートを貼りましたので、次は、棚への取り付けです。

 

小物ケース(小物入れ)

安全確保のため、棚についていた反射板を外し、こちらの小物ケースに貼り付けました。

コマセ棒と小さなスコップを乗せてみましたが、長めに作ったので、便利そうです。

黒のクッションシートの中に白く見えるのは、木工用ボンド。乾けば透明になるでしょう〜♪

リア棚に小物ケース3

スパイクの(1)サイドライニングトレイは中途半端な深さなので使いづらいです。ピッタリサイズの小物ケースを置きました。

 

←BACK 助手席の足元狭さ対策

サイドトレイ上部有効活用 NEXT→