TOPに戻る

 

車中泊ルームランプ

 

←BACK ルームランプLED化

ジェントスランタンのご紹介 NEXT→

 

車中泊ルームランプの追加取り付け

昨日、久しぶりに車中泊と釣りを楽しんできましたが、自作した車内に設置した棚や小物入れ等の使い勝手も良かったです。ただ、夜、真っ暗な中、車中で釣り道具を探したり、または整理したりするときに、ルームランプだけでは、チョット寂しい気がしましたねぇ。格好より実用性を考えると、車内は明るい方がいいので、すでに既存のルームランプはLED化していますが、ループランプとして使えそうなLEDランプを探しに、近所のケーズデンキに出かけてきました。店内には、災害用品としてLEDのライトやランタンはありましたが、自分が欲しかったのは、ワンタッチで点灯させることが出来て、乾電池仕様のライト。結局、売ってなくて諦めながら帰ろうとしたら、なんと特売のカゴの中で、こんなものを見つけました!

DYNEX LED タッチライトです。

DYNEX LED タッチライト1

取り付け方法は、マグネットで取り付けるタイプだったんですが、両面テープなどにより車内に固定できるだろうと思い購入です。♪

DYNEX LED タッチライト2

DYNEX LED タッチライト3

 

単四のアルカリ乾電池を3本使い、連続点灯で約38時間持つようでした。車中で付けっぱなしにする使い方じゃないので、十分な時間ですよねぇ♪

DYNEX LED タッチライトの電池

車中泊ルームランプ1

スイッチは、前面の透明なアクリルをプッシュすることで点灯するので簡単で使い勝手はよさそう♪ただし、電池交換するときに、フック部を押して蓋を開けなければならないことに気付きましたよ。(汗)これだと、両面テープで室内に取り付けることが出来ないので、下のように、外からフックが外せるように、穴を開けました。

車中泊ルームランプ2

こうすることで、ドライバー等の先っちょで、穴の部分からフックを押してやれば蓋が外れて、電池交換が出来るようになります。強力な両面テープを取り付け〜!そして、フリードスパイクの車内に両面テープで固定しますが、その前に、両面テープが簡単に剥がれないように、取り付ける前にシンナースプレーで、ワックス等の脱脂・汚れを取りました♪

シンナースプレー

LEDライト。どこに取り付けたらいいのやら。。。(笑)結局、取り付け場所はコチラに決定♪写真だと分かりづらいですが、かなり明るいです。

車中泊用ルームライト

ただし、車内はかなり暑くなるので、両面テープだと落下する可能性があるかもしれませんね。なんてことを思っていたら落ちました。

 

両面テープでの固定からビス止め。取り付け場所も変更しました。

予想通り、ご覧の場所に両面テープで取り付けていたのですが、車内って高温になるからでしょうね。単四電池3本を使ったLEDライトは重たいこともあり、両面テープが剥がれてしまいましたよ。・・・・考えたあげく。。。廃材があったので、それを利用してLEDランプを固定することにしました。板にLEDライト裏側の蓋部分をビスで固定。

単四6個使ったLEDライトは重たいので、L字型金具を取り付け。今度は、サイドではなく、ルームランプのように、真下に光を照らすようにご覧のように取り付けました。下から覗くとこんな感じです。

 

かなり明るいので、夜車中泊しながらの釣り準備が楽になりそうです。

これなら落下することは無いでしょう♪

車内にタッチ式のLEDライトがあると便利ですね

 楽天検索>>LEDタッチライト

 

余談ですが、エーモンの接着強化シートを知ってますか。

両面テープで固定する前に貼る下地シートで、両面テープの接着力アップが出来るようです。「本製品は、両面テープが接着しにくい素材に対し、下地をつくり効果的に接着させるシートです」と書いたあった。

エーモンの接着強化シート

あと、右側の強力ベータテープは、幅広く使える車内、車外兼用タイプの車専用の両面テープ♪・・「強力」、「熱に強い」「すぐ付く」「コンクリートなどの粗面対応」らしいです(笑)

 

←BACK ルームランプLED化

ジェントスランタンのご紹介 NEXT→