TOPに戻る

 

車載動画写真撮影

 

←BACK ジェントスランタンのご紹介

車載動画撮影その2 NEXT→

 

フリードスパイクにデジカメをセットして釣り場までの動画撮影を楽しもう♪

旅先では、もちろん静止画の撮影がメインですけど、ご覧のように、フリードにデジカメをセットして、目的地に到着するまでの景色を動画として撮影するのもこれまた、後々楽しいものです。

撮影した動画はYouTubeにアップして楽しんでます♪

 

自宅から車で2時間ぐらい走ると、釣り場に到着しますが、途中、高速を走り、一般道を走り、海岸沿いには綺麗な景色も観ることが出来ます。

フリードスパイク

 

<デジカメホルダーを自作>

車のダッシュボードにデジカメをセットして、釣り場までの綺麗な景色を動画に収めたくなり、デジカメ固定台を自作するため、ホームセンターへ材料を仕入れに出掛けてきました。デジカメをダッシュボードに固定する、車載固定台の形を思い描き、購入し作ってみました。

デジカメ車載固定台

動画撮影に使用するデジカメは、キャノンのIXY410です。このコンパクトデジカメは、とてもコンパクトであり、強力な手ぶれ補正とボタン一つで動画撮影が開始できるメリットがあるので、重宝しています。ちなみに、同じくSX130ISの動画も綺麗ですが、動画だけを比べると、CMOSタイプのIXY410に軍配があがりますね。さてさて、話は戻りますが、自作した固定台を愛車フリードのダッシュボードに装着してみると、固定台に高さが無いので、ダッシュボードの前にあるエアコン吹き出し口とワイパーが写ってしまい、ここで初めて固定台には高さが必要だということが判明。

 

<スマホ用のデジカメホルダーを購入>

もう一度、ホームセンターへ行って、材料を探していると、なんと、市販されているスマホ用のデジカメホルダーを見つけました!IXY410は薄型なので早速購入です。早速ダッシュボードにセットしてみると、こんな感じ。でも、もう少し高さがあった方が、角度的に丁度イイ感じのようがしてましたが、しばらく使っていました。でも、やはりもう少し高さが欲しかったのと、デジカメのボタンを操作したときに、ホルダーのフック部でデジカメ本体を挟んでいるだけなので外れやすかったです。

デジカメホルダー

今度はネットで探してみると・・・

<デジカメ専用ホルダーを購入>

高さもありシビアに角度が調整できそうなANDECHS.you カメラ スタンドという商品を見つけたので早速購入してみました。届いたのはコチラです↓

チョット分かりづらいですが、スマホ用のデジカメホルダーと比べ、デジカメ用なのでかなりガッチリした作りになっているようでした。早速、デジカメを取り付けてみると、スマホ用の挟むタイプではないので、ご覧のようにガッチリ固定できました。

これなら、ボタンを操作してもデジカメがホルダーから外れることは無いでしょう♪左側のものが、ANDECHS.you カメラ スタンドですが、右と比べると高さもあるでしょう♪

 

key_new_1.gif アマゾンANDECHS.you カメラ スタンド

結局、自作した車載固定台は自宅の家猫撮影に使うことに。。。スマホ用のデジカメホルダーは机の引き出し行きです・・・笑

釣り動画です

 

車載動画撮影に扱いやすいデジカメ(コンパクトデジカメ)

デジカメ(コンデジ)は、静止画を撮影する機能については、日々改善されているようですが、動画性能については、正直言ってピンキリです。たとえば、メモリカードがフルになるまで動画を撮影できるものから、たとえば最長10分ぐらいしか撮影できないという制限のあるデジカメまで色々あります。メモリカードフルまで動画が撮影できるタイプのコンデジで、かつ、動画も綺麗に撮影できるものがお勧めですが、ただ綺麗撮影できるといっても、ハイビジョンで撮影できるものを選ぶ必要はありません。ハイビジョンで動画を記録してしまうと、PCで編集作業をするときにものすごく時間が掛かってしまいます。プロのPC,プロが使う動画編集ソフトを使うのなら話は別ですけど、一般的にはユーチューブにアップして動画を観る、パソコンに繋いで動画を観るはずですから、ハイビジョン動画撮影にこだわる必要はないと思います。あと、手振れ補正に強いコンデジがお勧めです。手振れは電子式だとNG.光学式がイイですね。

最長撮影時間(秒)      メモリ容量に依存となっているコンデジをお勧めします。

サイバーショット DSC-WX300

PowerShot S110

サイバーショット DSC-WX200

IXY 610F

HIGH SPEED EXILIM EX-ZR400

 COOLPIX P330

あたりがいいかな。。。って思います。2013年6月現在

 

楽天で探す

楽天市場

 

デジカメ車載動画を編集するときのポイント♪

1.ハイビジョン動画が撮影できるデジカメが多いですが、撮影するときは640×480ぐらいに画素数を落として撮影しましょう♪

なぜ?・・・・それは、撮影サイズが大きいと編集作業が大変なんですよ。ハイビジョン動画は綺麗ですが、スムーズに編集できるソフトとなると、プロ用のソフト+ハードじゃないと出来ませんからね〜!

2.デジカメの動画保存形式は、AVCHDではなく、M-pegやAVIやMOVを選びましょう♪テレビにダイレクトに繋いで観るなら、AVCHDでもいいのですが、必ず編集加工しますよねぇ〜〜。なので、AVCHD以外で保存しましょう。デジカメ側で設定変更できるはずです。

3.デジカメで撮影して保存されたAVIやMpegやMOVは、まだまだサイズが大きいので更に小さくしましょう。小さく変換するソフトは、コレ!!Any Video Converter というフリーソフトです♪

Any Video Converter

 

このソフトを使い、デジカメで撮影した動画(拡張子AVI)をさらに軽くします。軽くなった動画を編集に取り掛かれば、編集ソフトもフリーズしにくくなり、動画自体が軽くなるのでエンコード動作も早い!後々、楽チンなんですよねぇ〜♪。。これで、フリードスパイクのダッシュボードにデジカメをセットして、釣り出陣時には動画撮影が出来そうです。ちなみに、車を運転しながらのデジカメ操作はダメですよ〜。危険なのでやめましょうね♪録画ボタンを押したら、停車するまでONのままです!!笑コンパクトデジカメには、動画撮影時間が固定されているものもありますが、IXY410は、メモリーがいっぱいになるまで撮影してくれるので助かります。

 

異音は無いけど、フェルトを張った♪

フリードスパイクを購入したのが6月23日だから4ヶ月が経つ。前車のトヨタノアに乗ってたときは、4ヶ月の短い期間で、3度もトラブルが発生していた。納車日にはガソリンメーターが動かない。ダッシュボードからの異音など。特に、ダッシュボードやフロントドアからの異音は8年間直らなかった。フリードスパイクは、今のところ異音無し。ミシとかピシ!っていう音を一度も聞いたことがない。凄く快適ですが、とりあえず、何でもかんでも、荷物を後ろの席に放り込むので、トレイの上に小物を置いたときに、コロコロと音がしないように、フェルトを張ってみた。

フリードスパイクのトレイ

黄枠部分がプラスチックなのでフェルトを張りました

フェルトとガムテープ

100均で買ったフェルト♪

両面テープを取り付けて♪

フリードスパイクのトイレ1

 

フリードスパイクのトイレ2

ノアと違い、フリードスパイクは、車中泊しやすいように、最初から設計されているので、ほとんど手を加える必要がないですね♪

 

ホームセンターで、両面テープ付きの薄いゴムシートを見つけたので購入。運転席にある小さなポケットに、ゴムシートを貼り付けました。

大雪が降ってきたので、娘の成人式から急遽徹底するときの動画です。

IXY410Fで撮影。

 

 

←BACK ジェントスランタンのご紹介

車載動画撮影その2 NEXT→