TOPに戻る

 

サイドライニングトレイの高さ補強

 

サイドライニングトレイの高さ補強

 

←BACK サイドレールにネット装着

断熱材+デッドニング NEXT→

 

フリスパのリア側サイドには棚があるのは助かりますが、正直中途半端な深さの棚なので、入れるものが限られてしまいます。あと、ほんの少しでイイから高さ=深さがあると、小物を入れやすいんですが、ホンダはどうしてこのような中途半端な設計をするんでしょうかねぇ〜。車中泊しているときに、チョット小物を置くには良いんですが、走ったら棚から落ちてしまいます。

ということで。。。1番のサイドライニングトレイと呼ばれる深さがない棚に木枠を追加しました。

フェルトを両面テープで貼っていたので、チョット汚れが付いていますが気にしません(笑)。

ご覧のように深さが3.5センチ弱という中途半端な棚です

紙で棚のボトム形状の型紙を作りました。ハッキリ言って適当です。(笑)

余っていた板をジグソーでカットして、中をくり抜いて3個作成。それをボンドで接着して、底部分には黒いフェルトを貼りました。

チョット、写真では分かりづらいですが、深さが3.5センチから5.5センチ近くになったので、ご覧のように小物を入れた状態で車を走らせても、落ちることはなくなりました♪

廃材を利用したので、左側のトレイしか作れませんでしたが、とりあえず満足です。時間があったら、木枠をブラック塗装したいと思ってます♪

 

←BACK サイドレールにネット装着

断熱材+デッドニング NEXT→