TOPに戻る

 

フリードスパイク断熱材+デッドニング

 

前車NOAHのデッドニング写真はこちら

 

←BACK サイドライニングトレイ高さ

車内荷物の動き防止 NEXT→

 

リアハッチ

 スライドドア

リアサイドステップガーニッシュ

クォーターピラーガーニッシュ

右後輪、タイヤハウス

左後輪。下側のカバー裏写真

トランク サイドライニング裏側

トランクサイドアッパー&リアーカバー

ウェザーストリップの裏側

本日の作業終了

Aピラーのカバー部分に断熱材

助手席足元に防音シート

スライドドア・左側でラスペネを使用

Bピラーデッドニング

 

 

フリスパは、10年前に乗っていたノアと比べての話ですが、かなり静かだし、密閉度も高いので車中泊していて特に不満に思ったことは無いのですが、つい最近、リアスピーカーを取り付けた時に、デッドニングという言葉を想い出してしまったことがキッカケとなり、今回は音質改善のためのデッドニングとは違いますが、久しぶりに内張りを外しニードルフェルトやアルミシート等を貼り付けて断熱効果を向上することになりました。(笑)。正直、車なんて大人のおもちゃ。大きなプラモデルですからねぇ〜。楽しまなくちゃ。(笑)。。ちなみに、工具はオートバックスで買った内張り外しと、予備のトリムクリップ(すぐに破損するので)、ラチェット、小さなドライバー等。。。です。

P1040163.jpg

気合を入れて。。楽しみながら。。内張りを外しまくり。。断熱材を入れたいと思います(笑)

ボンド スプレーのり Z-3、住友スリーエム(3M) スプレーのり99の計2本。結局Z-3は2本購入。

エーモン 2405 ボディデッドニングキット

ニードルフェルト・雑フェルト1m5枚 追加で2枚 計7枚

ABC商会 エアゾールタイプ 落書き落とし 消っし隊というスプレーを購入。(スプレーのりを使う前に吹き付けます)。作業後の感想、ダメだな。シンナースプレーの方がイイです。購入失敗。シンナースプレー再購入。内張りを外した時に、ドアクリップを破損すると思うので、エーモンのドアトリムクリップ ItemNO 1666。

デッドニングキット。断熱材等

材料・道具等。

ニードルフェルトが無くなったので、次回チャンスがあったら続きをやろうと思ってますが未定だなぁ〜。。

2日間の作業を終えた後に届いたAmazon>>テサテープ♪丈夫な布テープで一度貼ると剥がれない(笑)。便利な布テープなので車以外でも出番が多いです。一年で3個目になるかな。オイラの必需品の一つです♪ 今回はミスってエーモンのテサテープを買ってしまいました。エーモン以外のテサテープ(同じ品物で容量が多い)がお勧めです。

前車のデッドニング時には両面テープを多用してましたが、今回は、スプレーボンドのりを初めて使ってみたのですが、両面テープよりスプレーのりの方がはるかに扱いやすく作業性も良かったです。当然フェルト等もバッチリ貼りつくのでスプレーボンドのりはお勧めです。今回は二本のスプレーのりを使ってみましたが、住友スリーエム(3M) の99ボンドと、 Z-3の2本を比較すると、接着力が強く直ぐにくっ付くのは、ネットで購入したAmazon>>スプレーボンドのりZ-3でした♪

トリムクリップ。。。これは慎重にやっても破損するものですねぇ〜。今回5〜6個破損させたかな。汗。。。トリムクリップは、オートバックスでホンダ用のITEM 1666を購入しました。不思議なことは、リアドアライニングと書いてあるにも関わらず、フロントドアやスライドドアに使えるっていうことでした。純正品とは違うけどとりあえず使えたので助かった。

トリムクリップ 1942×10個追加購入。やっぱり、このトリムクリップは必須です。

トリムクリップ 1942

内張り外しは手前のKTCも使いましたが、真ん中のエーモンの内張り外しがないと困った箇所も多かったです。(正直、これが無いと作業が進まないです)。たまたま(中)のサイズが売ってなかったので、内張りはがしDX1423(小)を購入しましたが、このサイズで問題なかったです。奥の黄色い内張り外しはほとんど使いませんでした。出番なし。(笑)

内張りはがしDX1423

ニードルフェルトはネットで10メートル巻きっていうのも売ってましたが、1メートル×5枚を購入しました。結果、ギリギリセーフっていうところでしょうか。7枚ぐらいなら、余裕で少しあまるぐらいだったかも知れません。ちなみに、3Mのシンサレートは価格が高かったことと、今回は防音というより目的は断熱効果だったので安いニードルフェルトで我慢しました。

 

 

1.リアハッチ(テールゲートロアライニング)の内張りを外しニードルフェルトを貼りました♪

面積が大きい部分なので、フェルトを貼ったことで断熱効果を期待したいところですね。(笑)

リアハッチの内張り

 

2.スライドドアにアルミテープとニードルフェルト。

面積が大きい部分なので、フェルトを貼ってデッドニング。断熱効果を期待したいところですね。

少し前に黄色いフェルトを貼り異音対策をやってます。その上からビニールが貼ってあっただけだったので、防寒のため、アルミシートを貼りつけました。

スライドドア

スライドドアの内張り側は、フェルトが貼られていません。効果を期待して、ニードルフェルトを貼りました。ちなみにエプトシーラーは高価なので、自分はニードルフェルトです。

P1050203.jpg

右側スライドドア、ビニールの上からアルミのテープを貼りました。

★ちなみにスライドドアのレバーを外す時に使う紐は、ナイロンの紐か強い麻ひも。一か所丸く結んでコブを作ってグリグリしながら外しますが、外しにくいなんてもんじゃありません。(汗)

右下にあるような、フックツールを自作しました。

これがあれば、ノブのピンを簡単に外せます(笑)

 

3.リアサイドステップガーニッシュにフェルトを貼りましたが効果はあまり無いと思います。

 

リアサイドステップガーニッシュにフェルト

 

 

4.クォーターピラーガーニッシュの裏面をデッドニング。

フリードとフリードスパイクの違いは、ここの部分じゃない。フリスパは鉄板が入ってます。この鉄板を手だ押すと。。ミシミシと音がしませんか。(笑)。アルミシートを貼り、イエローフェルトを貼り異音対策。

最初の写真です。

ガーニッシュの穴をふさぐ黒い小さなキャップ部分には、イエローフェルトを貼って、ピチピチ異音を防止。中心近くにはアルミテープを貼りました

冷たい外気が伝わってこないように、上からフェルトをボンド付け!

追加購入した、ボンド スプレーのり Z-3、高級防音材エプトシーラー  900*500*10mm、レジェトレックス制振シート特大(1000mm×500mm×1.5mm)、テサテープが届いたので、再びデッドニングです。

本日は、最終段階。。ニードルフェルトの上から、高級防音材エプトシーラーと、レジェトレックス制振シートを貼って完成です。2014.11.08 

 

5.右後輪、タイヤハウス部分へデッドニング。

ロードノイズもさほど気になりませんが、折角なので、エーモン 2405 ボディデッドニングキットのアルミテープをペタペタと貼りつけました。

アルミデープの上から、フェルトを貼ります。3M(TM)スプレーのり99が一本空になったので、コニシのスプレーのりZ-3を使用。こっちの方が接着力が高いですね。

リアカメラのハーネスが間違って?手抜き?で引き回しされていたのを発見。。

手順書通りやられていないので、ご覧のようにハーネスがブラブラしてましたよ。頼むよホンダ!!。引き回しを変更しました。。

ご覧のように、スピーカー右側から下にさがるハーネスは、強引に左斜めに引っ張って無理やりに繋げてあった。

手順書では

 

6.左後輪。下側のカバー裏写真(笑)

最初の写真です。全く手を付けていない状態。(笑)

先週、2014.11.01.。。エーモン/[2405]ボディデッドニングキットの制振シートを貼った上からニードルフェルトを貼りました。

う〜〜ん。これだけでは納得できないなぁ〜〜。ブツブツ。

ご覧のように、タイヤハウスの上には、さらに制振シートを貼ってみました。チョット納得。。♪

これ以上貼ると、内張りのカバーがハマらなくなると思ったので終了です(笑)。

フリードスパイク-デッドニング

 

7.リアスピーカーの横近辺とトランク サイドライニング裏側

スピーカの横。下。。正直、手当たり次第にアルミのテープを貼って、その上からフェルト!。見えない箇所までやったよ

ビフォー

アフター

 

8.トランクサイドアッパー&リアーカバーにデッドニング

内張り側にも断熱処理と防音処理追加です♪シンナースプレーで下地を綺麗にしてから作業開始前回はニードルフェルトだけを貼っていましたが、その上から、エプトシーラーを貼りました。とりあえず納得♪ 

 

9.ウェザーストリップの裏側 気休めかもしれませんが。。(笑)

 

10.本日の作業終了!(笑)。。

スライドドア、リアハッチ等、運転席から後ろにある部分についてデッドニング+断熱材を入れました。効果は。。チョット静かになったような。。気のせいか。。(汗)。

フリードスパイク断熱材+デッドニング

デッドニング+断熱材を入れて、効果があったかどうかのチェックに出掛けると、なにやら後ろの方からミシミシと異音がしているのに気付き、(車が静かになったからか。凄くうるさく感じました)。ず〜っと鳴りやまないのでディーラーへ!!。

エンジニアの方に同乗してもらい確認してもらうと、結局、スライドドアの鉄板部と車体のゴム部の摩擦音だということが分かり、とりあえずシリコンスプレーで対処して頂きました。。。。以前に自分でこの原因は突き止めてはいたのですが、サービスの方もここから異音がしていると言っていたので、原因は間違いないですね。ただ、雨が降ったりすると、一ヶ月ぐらいで、また再発するので、スライドドア側にフェルトを貼る予定です。 フェルトでは無く、敷居スベリを貼ってみました。2014.11.3

スライドドアの鉄板部と車体のゴム部の摩擦音

 

感想!!

本日の作業時間は、朝7時から午後2時まで。。約7時間の作業となりました。 余ると思っていたニードルフェルト5メートルは全て無くなり、のりスプレー缶も1本半を使いました。さて、今後の予定ですが、時間があったら、今度は運転席より前の部分に対して断熱材を入れたいと思ってますが。。。疲れたぁぁ〜〜。

ヘロヘロになったけど、これで寒い時期の家出でも。。。

少しは快適に爆睡できるハズ!? 。。ガハハハ。

 

 

次の日。。。。続きです。(笑) 2014.11.3

11.Aピラーのカバー部分に断熱材

午前中、スーパーオートバックスに行き、使い切ってしまったウエスタオルや強力両面テープ、内張り固定のクリップを購入してきました。今日は天気も良く風も無い最高のデッドニング日和?だったので、大五郎を飲みながら、庭でノンビリと作業を開始。

ニードルフェルトが少しだけ余っていたので、両サイドのピラー部分に貼りつけました。

ご覧のような感じで、フェルトを貼りつけましたが、効果の方は期待できません。(笑)

↓ ↓ ↓

2014.11.14 Aピラーへ断熱材を追加!。

実はBピラーの底にフェルトを敷き詰めたことで、防音効果大だったことを確認したので、再度Aピラーも外して断熱材を追加してみました。穴の開いていた部分にはニードルフェルトを詰め込みスプレーボンドで接着。

P1050493.jpg

右側のピラー部は、左より大きな穴が開いていたので、同じくフェルトを詰め込み接着。

P1050488.jpg

また、両サイドのAピラーガーニッシュには、ご覧のようにフェルトを2〜3重にして貼りつけました。

ちなみに、発泡ウレタン樹脂を注入、充填という手段もあるのでしょうが、実はウレタン樹脂は経年変化することで異音の原因にもなり、直すことが出来なくなるというリスクが付きまとうので、この方法は最初から除外でした。(笑)

P1050490.jpg

 

 

12.助手席足元に防音シート。

それにしても、お酒を飲みながら車を弄れるって。。幸せですよねぇ〜。なんてことを考えながら助手席の足元を見て。。以前購入した防音シートがあったので、マットの下に貼り付けることにしました。

助手席足元に防音シート。

助手席の足元をめくってみると、以前、無駄に厚い発泡スチロールを取りだしニードルフェルトを挟んでいたのを想い出しましたが、そのフェルトの下に防音シートを挟み込むように貼りました。

かなり重たいシートですが、二枚貼り付け!!。ロードノイズが軽減と足元からの冷えが少なくなるかもしれませんよね〜。(笑)

運転席側の足元も同じように、防音シートを貼ろうと思ったのですが、大五郎が体内に吸収されるにつれて、眠くなってきたので作業中止です。トホホ

助手席足元に防音シート2

 

13.スライドドア・左側でラスペネを使用♪  2014.11.08

ワコーズ RP-L ラスぺネ 無臭性浸透潤滑剤 A120 420mlをゲット!。これを使うと、CRC556を使う気がしなくなる(笑)  新しい新兵器。。 Amazon>>ワコーズ RP-L ラスぺネ

強力な浸透力と防錆性を有するフッ素樹脂配合の浸透潤滑油剤。360°すべての傾きで噴射可能な特殊バルブと折りたたみ式ノズルを採用、遠距離や狭い場所へも容易に噴射できます。水置換性なので水に濡れた状態でも効果を発揮します。噴射剤にCO2を採用し内容量を極限まで増大した業務用タイプです。。使いやすいし浸透力が違うようだ!(笑)

ワコーズ RP-L ラスぺネ

結局。。。作業の途中。。。握らないおにぎりという“おにぎり”。それとワカサギの佃煮を食べながら車内で大五郎!!。一人乾杯〜〜♪これって極楽〜〜。防音だろうが。。断熱だろうが。。。ハッキリ言います。大五郎があれば関係なし。。どうでもイイことよ。

 

14.Bピラーデッドニング  2014.11.09

3時過ぎになり、昨日注文したニードルフェルトが届いたのでBピラーの左側だけデッドニングをやってみました。右側は来週実施予定です

 

シートベルトを固定していたビスが硬くて緩まなかったので、一週間前にディーラーで緩めてもらってました。 ということで、固定スクリューを外し、Bピラーのカバーを外すのは簡単でした♪

 フリードスパイクBピラー

Bピラーのカバーの裏側はご覧のように断熱材等は貼られていません。逆に言えばこんなところにメーカーが貼っていたらコストが掛って価格が高くなっちゃいますよねぇ〜。(笑) とりあえず適当にカットしてスプレーボンドで接着です♪

フリスパBピラーデッドニング

 

下に取りついているシートベルトのリールみたいなヤツ。これを外してみると。。。

大きな空洞になっていたので、これじゃぁ〜ココからもロードノイズが入ってくるよなぁ〜っていうことで。。フェルトを丸めて入れることにしました♪

フェルト防音

スプレーボンドで接着しているので動くことはまずないと思いますが、フェルトなので動いても音はしないと思います。

ということで、作業していたら暗くなってきたので、運転席側のピラーは来週にしたいと思います。(笑)

Bピラーのデッドニング

Bピラーのデッドニング。。。これは防音という意味ではかなり効果があったような気がします。ロードノイズが明らかに減り、車内のこもり音(反響音とでも言うのかな)減少したのを実感できました。簡単なのでお勧めします♪ さて。。。愛車フリードスパイクのデッドニング作業(防音+断熱)は、残すところは運転席から全面部分と天井部分となりましたが、実は、車内がかなり静かになったため、今度は後部座席の荷物がチョット動いた時の音まで、気になってしまいそうなので、デッドニング(防音+断熱)作業はしばらくお預けにしようと思いました。断熱材を入れることで、静かになったのは良かったんですけどねぇ〜〜。(笑)

 

←BACK サイドライニングトレイ高さ

車内荷物の動き防止 NEXT→