デジカメスナップTOP>>モニタ&印刷の考え方の違い

モニタ&印刷の考え方の違い・画像ファイルのバックアップ

ディスプレイ


ドットはビットの集まりです。(8ビット=256色)

<PCの場合 >
ディスプレイの解像度は常に固定されています。1024×768であれば、横にドット(画素=ピクセルとも呼ぶ)が1024個並んでいて、縦に768個並んでいるわけです。総画素数はそのかけ算の積ですから、78万6432となります。つまり、一般的なディスプレイの解像度をデジカメ風に画素数で表せば「78万画素」ということになります。なので、これ以上のピクセル数の画像をパソコンで見るとはみ出してしまいます。ちなみに、500万画素だと2560×1920(=4915200)の画面が必要で17インチまでのパソコンで全体を見るにはスクロールしなくては見れません。
その場合、チビすな縮小専用等のソフトを使用して、画像を一度縮小してからWebに貼り付けることになります

通称(末尾の"モード"は省略)

横×縦

比(横:縦)

ピクセル数

ワンセグ

320×180

16:9

57,600

ワンセグ(QVGAサイズ)

320×240

4:3

76,800

DVD

720×480

16:9/4:3

345,600

NTSC

720×483

4:3

347,760

PAL (Phase Alternating Line)

768×576

4:3

442,368

HDTV(720p)

1280×720

16:9

921,600

HDTV(フルHD)

1920×1080

16:9

2,073,600

ハイビジョン (地上デジタル)

1440×1080

4:3

1,555,200

フルハイビジョン (1080i、1080p)

1920×1080

16:9

2,073,600

スーパーハイビジョン

7680×4320

16:9

33,177,600

<テレビの場合 >
テレビに画像を保存したUSBを接続し、、テレビの方で大きさを変換してくれるので気にすることはありません

デジカメ

img4.gif

img5.gif

<保存形式の特徴>

保存形式

利点

弱点

JPEG形式

(.jpg)

ファイルサイズが軽い。ほぼ全ての画像を扱うソフトで使える。

劣化する。

TIFF形式

(.tif)

劣化しない。
対応ソフトがそこそこ多い

ファイルサイズが重い。

対応ソフトが、JPEGに比べると圧倒的に少ない。

Photoshop形式

(.psd)

劣化しない。
レタッチソフトPhotoshopのレイヤーごと保存できる

レイヤーを含めると、非常にファイルサイズが重い。

対応ソフトが非常に少ない

RAW形式

CRW/CR2(キヤノン)

NEF(ニコン)

SRF(ソニー)

MRW(コニカミノルタ)

RAF(フジ)

劣化しない。
全ての撮影画像データが保存でき、
現像ソフトで画像データを高品位に調整できる。
TIFF、Photoshop形式に比べると、ファイルサイズが軽い。

対応ソフトが非常に少ない。

カメラメーカーによってもフォーマットが違う。

JPEGに比べるとファイルサイズが重い

プリンタ

印刷出力には、1インチのドット数が240個=240dpi←解像度が必要!
同じ寸法の四角の中に、画素をいくつ詰め込めるかで画像のきれいさ、きめ細かさが決まりますが・・・・。
一般に写真の場合、人間の目で鑑賞に堪えられる解像度は200dpiくらいです。商業印刷物の世界では350dpiという解像度がよく使われます。これ以上の解像度にしても、人間の目では差が分かりません。 

img5.gif



ポイント1:一方、ディスプレイで見るのではなく、画像を印刷する場合は、プリンタの設定で自由に解像度を変えられます。
つまり、ディスプレイが固定解像度なのに対して、プリンタ(印刷物)は可変解像度です。

呼称

寸法

インチ 
(1インチ25.4㎜)

200dpiはギリギリの境界線なので、少し余裕を見て240dpiとして考えた場合 

デジカメに
必要な解像度

全紙

457mm×560mm

18×22

4320×5280

2000万画素以上

半切

356mm×432mm

14×17

3360×4080

1300万画素

ワイド四切

254mm×368mm

10×14.5

2400×3480

800万画素

四切

254mm×305mm

10×12

2400×2880

700万画素

ワイド六切

203mm×305mm

8×12

1920×2880

600万画素

六切

203mm×254mm

8×10

1920×2400

500万画素

2L

127mm×178mm

5×7

1200×1680

200万画素

 

 

 

 

 

A4

210mm×297mm

8.26×11.69

1982×2805

600万画素

B4

257mm×364mm

10.5×14.3

2520×3432

800万画素

A3

297mm×420mm

11.7×16.5

2808×3960

1100万画素

ポイント2:
そもそも、一般のデジカメユーザーが、A4の紙いっぱいに印刷することがどれだけあるかというと、非常に限られていると思います。
この大きさは、週刊誌のグラビアに1ページまるまる使った写真を掲載するような状況ですから、プロカメラマンでもそうそうあることではないと思います。  


<画像の保存形式について>

プロではないので、趣味範囲での画像保存形式は!って考えた場合は、画質は劣化しますがJPEGでいいと思います。
写真撮影後、シビアに編集したい場合は、RAW画像を調整加工しますが、最終的にはJPEGでいいかなって感じです。
ただし、JPEGに保存する場合、圧縮率を高めると画質劣化が顕著にみられるので、圧縮率は最低に調整して保存するようにしています。

デジタルカメラ画像に最適な保存形式     デジタル画像のファイル形式について 

画質劣化をさせたくない場合はデーター量は多くなりますが、RAW&TIFFで保存するのも手かもしれませんね。

 

<画像のバックアップについて>

財団法人デジタルコンテンツ協会(DCAj)による情報を見ての感想は、
「ばらつきが少なくISO18927による場合とブートストラップ法による場合で中央値が一致しているものについて見ると、保存温湿度30度C、80%RHの場合の寿命の中央値を見ると、DVD-Rでは10年以上、DVD-RWでは30年以上、DVD-RAMでは100年以上となっている。保存条件25度C、80%RHの場合は、DVD-Rでは17年以上、DVD-RWでは50年以上、DVD-RAMでは300年以上となっている。ブランドを選べばさらに長寿命のものも存在する。保存する湿度を低めにできれば大幅に寿命を長くすることができる」という記述が目に付きました。

記録型DVDディスクの種類の違いもあり、保存環境にも影響されるようですね。DVD-Rに特化して考えると、寿命は約10年ぐらいだと思ったほうが安全かもしれません。
いずれにしても、DVD-R/RW/RAMの寿命、数年から永遠まで様々だし、様々な原因でのデータ紛失,損傷等は起こりえますので,媒体寿命年数にかかわらず,重要なデータは常に複数のバックアップをとることをお勧めいたします。

 


用紙サイズ一覧

最近のプリンタは横方向に2000dpi、縦方向に700dpi以上が当たり前となっているのですが、
人間の目で画質の差が判断できる境目は200dpiだと言われています。無論、個人差がありますし、
目の疲れ度合いによって変わってはきますが、200dpiと800diの印刷物を比べても、人間の目ではほとんど区別できないという事です。
以下の表では、少し余裕をもって、240dpiで計算した例です。

呼称

寸法

インチ 
(1インチ25.4㎜)

200dpiはギリギリの境界線なので、少し余裕を見て240dpiとして考えた場合 

必要な解像度

デジカメに必要な解像度

お勧めデジカメ

A0

841mm×1189mm

 

 

 

 

 

A1

594mm×841mm

 

 

 

 

 

A2

420mm×594mm

 

 

 

 

 

A3

297mm×420mm

11.7×16.5

2808×3960

11119680

1100万画素

一般的なデジカメ

A4

210mm×297mm

8.26×11.69

1982×2805

5559510

600万画素

一般的なデジカメ

A5

148mm×210mm

 

 

 

 

 

A6

105mm×148mm

 

 

 

 

 

A7

74mm×105mm

 

 

 

 

 

A8

52mm×74mm

 

 

 

 

 

A9

37mm×52mm

 

 

 

 

 

A10

26mm×37mm

 

 

 

 

 

A11

18mm×26mm

 

 

 

 

 

A12

13mm×18mm

 

 

 

 

 

B0

1030mm×1456mm

 

 

 

 

 

B1

728mm×1030mm

 

 

 

 

 

B2

515mm×728mm

 

 

 

 

 

B3

364mm×515mm

 

 

 

 

 

B4

257mm×364mm

10.5×14.3

2520×3432

8648640

800万画素

 

B5

182mm×257mm

 

 

 

 

 

B6

128mm×182mm

 

 

 

 

 

B7

91mm×128mm

 

 

 

 

 

B8

64mm×91mm

 

 

 

 

 

B9

45mm×64mm

 

 

 

 

 

B10

32mm×45mm

 

 

 

 

 

B11

22mm×32mm

 

 

 

 

 

B12

16mm×22mm

 

 

 

 

 

四六判

127mm×188mm

 

 

 

 

 

菊判

152mm×218mm

 

 

 

 

 

三五判

84mm×148mm

 

 

 

 

 

新書判

106mm×173mm

 

 

 

 

 

三六判

91mm×171mm

 

 

 

 

 

AB判

210mm×257mm

 

 

 

 

 

小B6判

112mm×174mm

 

 

 

 

 

文庫判

105mm×148mm

 

 

 

 

 

レター (letter)

215.9mm×279.4mm

 

 

 

 

 

リーガル (legal)

215.9mm×355.6mm

 

 

 

 

 

タブロイド (tabloid)

279.4mm×431.8mm

 

 

 

 

 

官製はがき

100.0mm×148.0mm

 

 

 

 

 

10"(10インチ)

254.0mm×279.4mm

 

 

 

 

 

15"(15インチ)

381.0mm×279.4mm

 

 

 

 

 

 

写真のサイズ一覧

呼称

寸法

インチ 
(1インチ25.4㎜)

200dpiはギリギリの境界線なので、少し余裕を見て240dpiとして考えた場合 

必要な解像度

デジカメに必要な解像度

お勧めデジカメ

全紙

457mm×560mm

18×22

4320×5280

22809600

2000万画素以上

SONY α900 DSLR-A900
CANON EOS 5D Mark II
CANON EOS-1Ds Mark III
CANON EOS-1Ds Mark II

半切

356mm×432mm

14×17

3360×4080

13708800

1300万画素

SONY α350 DSLR-A350K
CANON EOS Kiss X2
パナソニックLUMIX DMC-G1K

ワイド四切

254mm×368mm

10×14.5

2400×3480

8352000

800万画素

一般的なデジカメでOK

四切

254mm×305mm

10×12

2400×2880

6912000

700万画素

一般的なデジカメでOK

ワイド六切

203mm×305mm

8×12

1920×2880

5529600

600万画素

一般的なデジカメでOK

六切

203mm×254mm

8×10

1920×2400

4608000

500万画素

一般的なデジカメでOK

八切

165mm×216mm

 

 

 

 

 

キャビネ

130mm×180mm

 

 

 

 

 

パノラマビッグ(PAB)

127mm×353mm

 

 

 

 

 

パノラマ(PAL)

89mm×254mm

 

 

 

 

 

2Lワイド

127mm×216mm

 

 

 

 

 

2L

127mm×178mm

5×7

1200×1680

2016000

200万画素

 

ハイビジョン

89mm×148mm

 

 

 

 

 

LC

89mm×127mm

 

 

 

 

 

2E

117mm×164mm

 

 

 

 

 

E

82.5mm×117mm

 

 

 

 

 

手札

89mm×127mm

 

 

 

 

 

ポストカード

102mm×148mm

 

 

 

 

 


 2000万画素以上の一眼レフの比較はココです。

 Jpeg画像は劣化するようですが、30回の読み取り書き込みを実施し等倍で確認しましたが、
う~~ん、ほとんど変化はないような。
なお、Jpeg保存は圧縮率を最小に設定した結果です。

 

オリジナル

30回の書き込み後サンプル

 

 このページについては責任をもてませんので、参考までにしてください。
 

上に戻る