猫写真TOPに戻る

 

生まれて初めて猫の里親になりました♪

猫の里親-魚道inテトラ♪

08年の11月22日、朝、娘と2人で、自宅を10時に出発して、車で30分チョイのところで開催されている
里親探しに参加して、先ほど戻りました。
室内には10数匹の仔猫たちが、兄弟同士で檻に入ってたりしてましたが、
どの猫も、個性があり性格もずいぶん違いがあるようですが、gyodoたちには分かりません。
ほとんどがチアキより少し大きめの仔猫たちです。

どの猫も可愛いですねぇ~。う~ん。

↑生後2ヶ月の仔猫はやっぱり可愛いです

珍しく、娘も仔猫たちを抱いたり、ジャラシたりと大忙しで、どれも可愛いので迷っていた。
仲の良い、兄弟猫の一匹を飼うことにすると、兄弟を引き離してしまうことになるし~。
生後2ヶ月ぐらいの仔猫は見ているだけで可愛いが、小さい仔猫より少し育った仔猫の方が飼いやすいし~。
 少し大きくなってしまうと、人間に慣れるんだろうか~。

結局、迷うこと2時間、
gyodoの魚臭い手の指と娘の指を、一生懸命舐めてくれたことが、最後の決め手になり、
ショウ君(生後3ヶ月の白い仔猫)でした。名前はショウ君です。↓

体重一キロの雄猫です。

次回、ワクチンの実施、去勢手術の実施を約束して、譲渡決定です。 

あさって、我が家に来ますので、亡きチアキのためにも、大事にしなくては・・・

とりあえず、本日購入した道具類です。

今回、初めて、里親探しの会に参加した感想は、
多くの仔猫たちが待っているので、
もっと多くの人たちが里親希望で、見学に来るのかと思っていましたが、
2時間近くいて、ほとんど現れませんでした。
里親探しって難しいんだなぁ~ 痛感!!

そして、
ボランティアのみなさんの一言、一言の随所に、頑張っている姿勢を感じることができました。
動き、言葉から感じるんですよねぇ~。

里親になると言って、多くの猫や犬を貰い受け、その後、売買したり虐待したりという人間も
いるようですから、里親探しも真剣になりますよねぇ。

ボランティア活動、頑張っていただきたいと思います。

坊主はやめて!さん~・・・あさって我が家にも新しい家族がやってきますよ~。

 

bar03_dot3x3_blue.gif

 

   melody03_blue.gif 08.11.22 (土曜日)   さてさて今日は・・・  melody03_blue.gif

昨夜は、コップ一杯の濁り酒を飲んだだけなのに、目が回りダウン。
休み前だというのに、早寝しましたが、なんとなく熟睡できなかったような。
なぜ??

最近、カメタロウ、寒くなってきたせいか、
布団の中に潜り込んできて眠るんですが、
昨日は、魚道の暖かい首筋あたりに、移動してくるので、
そのたびに目が覚めて・・・。

夜、水槽から出してほしくて暴れるカメタロウ。
そもそも、亀といっしょに寝るgyodo、
完全に狂ってますが、
亀の甲羅は、風呂上りの温まった体には
ヒンヤリと冷たくて気持ちいいんです。

しかたなく、
ティッシュで甲羅を拭いて部屋に出してやると、
赤ん坊のように後追いをしまくります。
不思議なことに、亀の甲羅って外に出すと、
すぐに乾きます。 
そして、部屋に放し飼い状態。

gyodoが布団に入り寝ようとすると、
それを見ていた亀が布団の中に入ってきます。

知ってますか??。
亀は寝付きがいいんです。
人間と違い、眠いから眠るんじゃなくて、
眠ると決意し布団に入った瞬間に、
深い眠りに付くことができるんです。
約1分ぐらいかなぁ~。

寝ているgyodoが乗っかっても、ビクともしないで爆睡できる強靭な甲羅。

もちろんトイレは、水槽の中でしかやりません。
飼いやすい癒し系のペットなんですよ。 販売価格250円~ (笑)
鬼嫁が、、「亀の脳みそって、カワハギの肝より少ないよねぇ~」だと・・・クッソー、鬼!

さて、娘と二人・・・そろそろ里親探しに出かけるかナ。

 bar03_dot3x3_blue.gif

 

  melody03_blue.gif 08.11.21 (金曜日)   明日は娘と・・・  melody03_blue.gif

我が家に来て、1週間で亡くなった仔猫チアキでしたが、
菊と猫ジャラシの咲く庭に眠りについてから、
すでに1週間が過ぎました。 もう二度と動物は飼いたくないと考えるか、
それとも、もう一度飼ってみたいと考えるか???。
縁があった時だけ飼ってみると考えるか?? 

その後の魚道家では
世に捨てられている犬や猫たちの多くは、里親を探していることを知ったので、
明日行われる里親探しの会に参加することにしました。
初めての参加になりますが、どうなることやら・・・・

人は歳を取っても、物事の考え方や基本的な人格はある一定年齢から変わらないと
聞いたことがあります。
「歳をとったが、気持ちだけは若いんだよねぇ~」
さてさて、その年齢は、どこで止まっているのか? それは30歳代後半のようです。
昨年、いろいろアドバイスをくれた、

 富山県の黒鯛釣師のMさん、お誕生日おめでとうございます。