TOPページに戻る>写真用フリーソフトの紹介

写真用の画像編集用フリーソフトの紹介とコンデジ、コンデジ画像のご紹介等

写真用画像編集フリーソフトの紹介

一昔前までは一眼と名が付くデジカメだけしかJpegとRAWデータの両方に対応していませんでしたが、最近ではミラーレス一眼やハイエンドコンパクトデジカメでも、JPEG画像のほかにRAW画像も撮影保存が可能になっているので、撮影した写真をダイレクトで編集できるので便利になった気がします。

でも自分の場合は、正直なところRAWデータ(ナマデータ)を編集した後は削除してパソコンにはJPEGだけを保存しています。本当はRAWデータも保存しておいた方がコピー時の劣化が無い等のメリットはあるのは分かってはいるのですが、RAWデータはサイズが大きいので削除しちゃってますよ。(笑)

デジカメで撮影したスナップ写真は、パソコンの画像フォルダーの中に撮影日と撮影場所の名前にしたフォルダーを作り、その中にJpeg形式で保存しています。

さて、ここからは、画像を閲覧や編集・加工したりトリミングしたりするのに使っているフリーソフトをご紹介したいと思います。Jpeg写真の閲覧は、Windows標準の画像閲覧ソフトは使いづらいので、フリーのSusieというソフトを使ってます。サムネールをクリックすると 別画面が立ち上がりスライドショーとしても写真を見ることができるし、動作もサクサク動くので、このソフトしか使っていません。

ブログにアップしたい写真は、縮小してからアップしますが、縮小ソフトは、縮小専用というフリーのソフトを使っていますが、縮小専用のフリーソフトはドラッグアンドドロップするだけで縮小出来るので、使いやすいのですが画質が劣化するのと、EXIFが残らないのが難点なので、チビすなというフリーソフトを使うことも多いです。構図や画質等に拘る場合は、RAWデータを専用ソフトで編集・加工しますが、基本的には輝度をアップしたり色味を変えるぐらいのことしかしていません。編集したRAWデーターをJPEGに変換して、そして縮小してからブログにアップする流れになります♪ちなみにRAWデーターを編集しないで直接JPEG画像を編集するときは、PhotoFiltreというソフトを使ってます。日本語対応も嬉しいところですね。写真に文字を入れたりする時もありますが、今はPhotoshop Elementを使っていますが、PIXIAというフリーソフトを使って文字を入れることもあります。2枚の写真を上下、または 左右に繋げたい場合は、JTrimというソフトを使ってます。

写真の撮影日やISO感度等を知りたい場合は、JpegAnalyzer PlusというEXIF情報を確認するソフトを使ってます。これも写真をドラッグアンドドロップするだけで確認できるので使いやすいですね。

複数ある写真を一枚にしてブログにアップするケースって結構ありますよねぇ〜。パネライズVer1.5を使ってます。そうそう、写真に額縁をつけて遊びたい時ってあるんですが、そんな時は、額プチを使ってます。

大きな写真の一部分だけ切り取って使用した場合は、Dual Vision Trimmerというソフト。画像の ファイル名に撮影した機種名を追加してくれるソフトがあるんですが、複数のデジカメ写真を管理する場合、便利ですね。ExifFileOpe Ver1.4というソフトを使ってます。

 

PhotoFiltre

 

 

  上に戻る