デジカメスナップTOP>>デジカメ購入履歴

デジカメ購入履歴

デジカメ

主に釣りの時に使っているデジカメですが、
最近は、車中泊で出かけたときに景色を撮影したり、日々の出来事を撮影したり♪
京成バラ園のバラの撮影に使ったりと、出番は多いです(^^)。

デジカメGF1

 オリンパスの130万画素から始まり、
釣り用に購入したペンタックスW30、
魚を撮っていたら、
今度はデジカメが趣味になり、FujiのF100fdを購入。
そしてPanaのTZ5、ペンタックスのW60、OptioS10を2台、
OptioA40を購入。FujiのF40を購入、PanaのLX3を購入、
2010年1月にPanaのフォーサーズ
GF1を購入しちゃいました。(^^)。

 

デジカメの購入履歴&最新デジカメのご紹介等

 

新着情報

購入履歴

その他情報〜melody03_green.gif


square02_red.gif太陽と上手につき合おう 光を使って演出(マイコミジャーナル)

square02_red.gif逆光を克服する3つの方法? 

square02_red.gif
交換レンズ購入時のチェックポイント&注意点 

バッテリmelody03_green.gif


ROWA

 

デジカメCAMEDIA C-1

簡単操作のデジタルカメラ、CAMEDIAC-1は、平成13年(2001年)の発売です。
薄型の小型軽量ボディに、できるかぎり操作ボタンを少なくしたシンプルな操作体系。CCDは1/3.2インチ、1.3メガピクセル(130万画素)。このCAMEDIAC-1の発売の約3ヵ月後には、ほぼ同じ大きさのボディに3倍ズームレンズを収めたC-1Zoomが発売されました。

電池を入れても、10枚ぐらいしか撮影できなくなり処分

デジカメW30

釣りに出かけた時に使うため、買ったのはW30でした。

水深3m、連続2時間もの水中撮影が可能な防水設計です。さらに、砂やホコリをよせつけない防塵設計も採用。ビーチや水中、スノーシーンで、また料理やガーデニング中に、といつでもどこでもアクティブに撮れるカメラです。
※防水:JIS保護等級8級、防塵:JIS保護等級5級

一度も壊れず、シッカリした造りでしたねぇ〜。
1センチマクロが撮れることと、インターバル撮影機能は、釣りをしているときの自分撮りには重宝しましたねぇ〜。

デジカメF100fd

チョット画質の良いカメラに憧れ買ったのがF100fdです。
チョット、青カブリするところが気になったんですが、高感度に強かったです。最初赤外線カメラ??なんて思ったっけなぁ(^^)。

このカメラにもステップアップリングを取り付け、PLフィルターやクローズアップレンズなんかをつけて遊びましたねぇ〜。
飽きたので、息子へ・・・。(^^)

デジカメTZ5

職場の同僚がLX3を使っていて、サンプル画像を見ているうちに、光学ズームに憧れ、このコンパクトボディーに光学10倍ズームレンズを搭載しているTZ5を購入しました。
ズーム機能があったので、撮影範囲が広がりました。TZ5のテレマクロ機能は弱いため、Kenkoのクローズアップレンズ NO1、NO3、NO5を取り付け、テレマクロ用として使ってましたねぇ〜。
小さな虫を撮ったりと、遊べました。一度も故障しなかったなぁ〜。
パナソニックの品質には脱帽でした。
いいカメラだと思います。

デジカメS10

ペンタックスのOptioS10です。
手ぶれ補正はありませんでしたが、コンデジとしては、大きめな1.8のCCDを積んでいたのと、空の色が、まさにペンタブルーを表現してくれて、小さいボディーでしたが描写力は最高でした。
お気に入りの一台になりました。

が!・・・カメラがフリーズするトラブルで2回修理に出しましたが直らず。
時々再発してましたねぇ〜。あまりにも故障が多いので、メーカーにクレームを入れ、S10をA40に機械交換してもらいました。

デジカメS10

凝りもせず、OptioS10の在庫がなくなる頃、再びS10を購入です。
それほど、ペンタックスの色作り惚れてましたね。

でも、このOptioS10も、故障の嵐、色が反転してしまうなどのトラブル、CCDのトラブルが続き、処分しました。ペンタックスの品質は最悪だったので、二度と購入するまいと思いました。

デジカメA40

手に入れたのは、ハイエンドコンパクトデジカメであるA40です。
OptioS10に手ぶれ補正が付いた高機能マシンでしたが、描写力はS10の方が良かったです。

これも、仕様でしょうか?。四隅の描写が悪く、色ずれがあるのが気になり処分しました。

デジカメF40fd

F100fdを使って、高感度性能がよいカメラが欲しくなり、購入したのはF40fdです。F31fdの方が欲しかったんですが、在庫がなかったのでF40で妥協したようなところがあったんですが、使ってみると、高感度にも強いし、絞り羽効果を満喫できることがシバシバ。F31fdと違い、SDHCカードも使え、機動力がよく、色ノリがいいということで、愛機として現在も使ってます。

一度、CCD内にゴミが入り、メーカー保証で2度修理しています。
Fujiの品質もイマイチだと感じましたねぇ〜。

デジカメW60

釣り用として購入したW30を手放したので、新たに購入したのはW60(一番左)です。
造りはW30の方が良かったですが、写りはW60かな。
ISO50の時の描写には満足するものがありました。

しかし、次のコンデジを購入する資金として処分しました。

デジカメLX3

川の流れを止まっているように撮りたい。オートじゃなくて手動でアレコレ設定しながら撮影を楽しみたい。描写力の高いコンデジに憧れて購入したのはLX3でした。

使ってみて、これは今までにない最高のコンデジでしたねぇ〜。
明るいF2.0というレンズと超強力な手ぶれ補正とコンデジにしては大きめなCCDによって、撮れないところは無いと言っていいぐらい良く撮れました。写りも最高のコンデジで大満足。故障もしませんでした。

しかし、使っているうちに、さらに上をいくコンパクトなデジカメが欲しくなり、
これを処分して、新しいデジカメの購入資金に当てました。(^^)

デジカメGF1

LX3を使いこなしているうちに、さらに上のコンデジが欲しくなり、
手にしたのは、マイクロフォーサーズ仕様のGF1でした。
これは、手ぶれ補正を内蔵していませんが、単焦点レンズであるパンケーキレンズ「LUMIXG20mm/F1.7ASPH.」とセットで使うと、絞り開放からいきなり素晴らしい絵を吐き出してくれました。
LX3に慣れていたということもあり、操作は直ぐに覚えられ、現在楽しく使っています。この機種は小さいけど一眼なので他のコンデジと写りを比較するのはおかしな話ですが、描写力は最高ですね。
ただ、LX3も負けていなかったことをつくづく思います。(^^)。

 

デジカメ400F

2010,09.22
有楽町のビックカメラで
IXY400を購入。
今流行りのCMOS機も
かなり念入りにチェックしたが、
日中の低感度時でもピントが甘く、
ノッペリした画像に仕上がっている。
高感度にはかなり強いが、
低感度の再現性はイマイチだったので、今回はあえてCCDの超小さなコンデジを購入しました。 

デジカメSX130

2010.10.16

地元のコジマ電気で購入。
感想は後日です(^^)

デジカメ P300

2011.7.30

ニコンのP300
カメラのキタムラで購入です。

試し撮り予定♪

購入3ヶ月で手放しました。

夜景には確かに強いですが、
等倍ではみられた画質じゃない。
CCDの方がよっぽど綺麗。

日中の低ISO時でも、
満足できる写真が撮れなかったので、
過去最短。さようならです(^^)

デジカメ IXY410F

2011.9.5

即行で手放したP300と
同じCMOSを使っているとは思いますが、キャノンの画像処理技術の方が高いので、

IXY410Fを購入しました。

オリンパスE-PL3

2012.3.9  

最近、どこのメーカーもミラーレス一眼に力を入れているようですが、キャノンのS100にも興味があったんですが、結局、オリンパスのE-PL3を購入しました。

標準レンズだと物足りないので、

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8を注文です。

2013.7.6

久しぶりです。オリンパスの防水カメラ、TG630を購入しました。防水カメラはペンタックスのW30、W60を使っていましたがオリンパス初めてです。

結構、評判がイイのでゲット。夏に遊んでみたいと思ってますよ。 何しろ起動が早く、即シャッターを押せるのでストレスゼロ!。

画質もかなりイイ感じなので久しぶりに買って大正解。(笑)

IMG_6085.jpg

2014.1.27

山登り、日常スナップ撮り用として、パナソニックのDMC-LX7を購入しました。

F値1.4+NDフィルターで扱いやすい機種になってますね〜♪

2015年

Fujiの3Dカメラです。
凄い。。。メガネをかけずに3Dが見れる!。。感動の一瞬でした。(笑)

X-pro1です。写りは凄い!ただしデカイ!(笑)。

FujiのX-E1です。X-pro1と同じ描写力でコンパクト!。買って正解でした。2015.3.26

 

GF1を約1ヶ月半使ってみて・・・・


そうですねぇ〜。過去コンパクトデジカメを買いあさってきましたが、ようやくこの機種で落ち着きそうです。
現在発見している不具合は、過去にも公開しましたが、以下になります。

<GF1の不具合>
@マクロモード(中央重点)時、フォーカスが合っていないのにも関わらず、緑色のフォーカスマークが出てシャッターが押せてしまう。
Aマクロモード時に、ピントが合わなくなるため、いったんMFもしくは遠方へピントを合わせなおす必要がある。
Bシャッター速度が早いにも関わらず、シャッター音が遅い。
C室内で、同一アングルで撮影しているにも関わらず、ホワイトバランスにバラツキあり
Dシャッターを押したとき、シビアに反応して連写になることがある。
Eメモリへの書き込み速度が遅いので、早いSDHCメモリの恩恵を受けられない。
以上が気になった不具合です。


<ペンタックスのS10&A40について>過去に購入したデジカメたちにも不具合はありました。


このペンタックスのコンデジS10とA40は致命的な不具合だったので手放しました。
たとえば、PentaxOptioS10というコンデジは、フラッシュ撮影時に時々フリーズする。2台ありましたがそのうち1台だけで発生〜。
OptioA40は、夜、小さな光にオートフォーカスが合わず撮影できないことがある。
そして、四隅の描写が甘く、色ずれがひどかった。
ただし、S10の画質は最高でした。またデジカメで撮影することの楽しさを教えてくれた隠れた一級品だと今でも思ってます。

防水カメラのW30、W60を使ってましたが、こちらはアウトドアでは最適な一段でしょう。ファームも安定していたし結構使えましたね。W60の低ISO撮影時の絵作りは素晴らしかったです。欲を言えば、高感度撮影がまったくダメだったことかなぁ〜。バグは無かった。

少なからず、どこのメーカーにも不具合を持ったデジカメはあるようですが、我慢できる範疇なのかが問題だと思いますが、S10とA40はひどかった。フリーズするなんていうのは論外でした。ペンタックスの写りは好きなんですが、ソフトの開発力が弱いんでしょうねぇ。
防水カメラはソコソコ使えましたが、いずれにしても、もう、二度とペンタックスのコンデジ&デジイチは購入することはないでしょう。

 

<Fujiのコンデジについて>


F100fdの写りは一眼に迫る写真を残してくれるんですが、Jpeg保存しかできないので、青カブリは致命的でした。
同じくF200EXRが発売された当時、こちらも青カブリが問題になってて、購入者の間では、これが自然な写りだ!なんて、馬鹿らしい声も上がっていたようですが、自分はF100fd同様同じく青かぶりしていると思ったので購入しませんでした。
その後メーカーから、対策ファームが出て、青カブリが抑えられたようですね。
ただ、F200EXRは、操作性に難があり使いづらいのは今でも一緒のようです。
現在2万円を切って、1万6千円前後を推移しているようでが、この値段なら買いでしょうね(^^)。

同じくF40fdは、少し古いコンデジですが、F31fdの高感度撮影能力の高さの影に隠れ、人気がないデジカメでしたが、実はこのF40fdからSDHCカード対応になったし、バッテリーの持ちが素晴らしい。そして羽絞り機構なので、夜景撮影時には星が現われるので、なかなかいいんですよね。それと色ノリもバッチリで高感度もソコソコ強いということもあり、古いコンデジですが最新機種に混じっても見劣りがしません。
電源を入れてからの起動の早さはピカイチということもあるので、手放すことなく5年保証にも入り、これからも使い続ける予定です(^^)。 

<パナのコンデジについて>


パナのTZ5とその後に出たTZ7、現在最新のTZ10も光学ズームと強力な手ぶれ補正搭載ということもあり、オールマイティーに使える機種です。光学10倍ズームはなんと言っても撮影範囲が広がります。夏にはサンバ、よさこい祭りなどの撮影に使いましたが、使いやすかったです。
ただ、使っているうちに、色ノリの悪さが気になりだし結局手放すことに・・・。
まだ、発売前の新製品TZ10ですが、サンプルを見ると、ISO400では木々が見事に潰れて再現されていない。パナさんどうしたのよ!?。
新機種のTZ10を悪評とする消費者の目は正しいようです。

 
サンプルはココ!素人が見ても感じるだろう〜。


基本的にパナ機の青い空の再現性が好きじゃないんです。そういう人は多いんじゃないかな。TZ5の光学10倍ズームでの撮影写真は、絵の具で塗りつぶしたような感じだったことと、等倍で見たときの荒さが目立ったので手放しました。それに比べると遥かにペンタックスの色は良かった〜。雲泥の差を感じました。

<Pana ハイエンドコンデジLX3について>


同じくLX3という機種がありますが、これは、絞りやシャッター速度優先モード等、自由にカスタマイズできるし、強力な手ぶれ補正と明るいレンズで、お気に入りの一台でした。
パナの絵の具のような絵作りはきちんと引き継いでますが(^^)、ホワイトバランスもシビアに微調整できるので回避できました。それとさすがハイエンドコンデジだけあって、RAW撮りが出来るので、助かりましたねぇ〜。
あと少し、ズームがあればと思うことが多々ありました。
シーンーンモードでほかの設定をしたときに、クオリティを設定しても、同じようにPモードのクオリティが連動して動いてしまうトラブルはファームV2.1でも解決されていませんが、
満足できる一台であることは間違いありません。

さてさて、現在使用しているGF1ですが、こちらも正直なところ不具合はありますが、どれも致命的なものではありません。これからのパナを引っ張っていくデジカメであることに違いはないようなので、きちんとファームで対応をしてくれるでしょう。

話題は前後しますが、写り具合のみを考えたら、少し大きな一眼レフの方がいいのかも知れませんが、2ヶ月近く使ってみて、GF1で正解だったと思うことが多いです。
購入当時、手ぶれ補正が本体内蔵ではないので少々不安がありましたが、1/30当たりを下限として、ISO感度を上げて対応してくれるので、きちんと構えて撮れば問題ありません。
浅草寺の夜景撮影に出かけた時は、LX3と比較した場合、手持ち撮影に不安はありましたが、実際に使ってみると全く問題なし。LX3より撮影しやすかったです。
高感度に強いとは言いませんが、ISO800まで許容範囲だと思いますし、パンケーキのF1.7の明るいレンズとセットならば、気にすることはありません。
ただ、パンケーキでチョット広角がほしいときがあるんですが、この場合は標準ズームレンズVARIO14-45mmを取り付ければ問題なしです。パンと標準ズームレンズがあれば日常困ることはないでしょう。ただ、マクロ撮影時のクローズアップレンズとパンケーキレンズ使用時のNDフィルターは必須だと思います。(^^)



<ソニーのαシリーズについて>


そうそう、GF1と競合したソニーのアルファー330ダブルズームレンズキットが5万円を切って安かったのですが、グリップの作りがひどすぎました。ビックで少し持ってただけで指が痛くなりました。
手のひらでガッチリと掴むことができないんです。手の指先でつまむっていう感じのグリップ。このカメラにズームを付けた時のことを想像しただけで、手が痛くて撮影にならないと直感しました。今でも、このグリップを採用したαシリーズだけはグ購入しなくて良かったなぁ〜ってつくづく思いますよ。

<ニコンD5000について>


ニコンのD5000は、ニコンらしいシャープなカッチリした写りで発色もいいので好感が持てますね。さすがニコンっていう気がします。ただ、ライブビュー撮影時のオートフォーカスの遅さとフリッカー現象が致命的でした。これら問題が解決され、付属ソフトが良ければ、いい機種だとは思うんですけどね。

いずれにしても、家猫、食べ物、草花、風景、それと日常サクッと取り出して撮影するスタイルの人ならば、この一眼レフのミラーを取り去ったミラーレス一眼は、大きな一眼レフのメリットを上回りますので、快適な一台になることは間違いないと思います。一眼を取り出すのが面倒だと思った瞬間から、たぶん自分の性格から、必要ない物になっていたことだと思います。(^^)。



<最新一眼について>


最近出始めてる一眼、キャノンのEOSKissX4なんですけど、有効画素数が1800万画素って、プロなどの専門家なら話は別だけど、一般人から見たら大きすぎない〜〜??。
EOSのターゲットっとは一般的な使い方をする方たちじゃなかったけ。
そんなデカイ画像を取り扱うパソコンスペックも必要でしょう〜。
それとも、ニコンには負けてられないっていうことですかね。
はたまた、マイクロフォーサーズに市場を奪われたので、高画素市場をターガットにしたのか。
一般の方が、買うんだったら、X4じゃなくて、X2がお手頃なんじゃないかと思うんでけどねぇ〜。画素多くたって、大きくてもA4サイズぐらいにしか印刷しない人には宝の持ち腐れ、
それに負担になるような気がしますけど・・・。

<ハイビジョン動画について>


GF1とGH1は1920x1080のフルハイビジョンが撮影できます。GF1は1280x720のハイビジョンです。どっちがいいって、1280x720で十分ですよ。フルハイビジョン、確かに旬なのか、ハイビジョンテレビにカメラをつなげて動画を見るんだったら、綺麗なんでしょうけど、はっきり言って、動画に編集は欠かせません。フルハイビジョン動画を編集ソフトで編集した人いる??(^^)。自分は職業がらやりますが、イヤイヤとんでもないことになりますよ〜。
今市販されているハイスペックパソコンでも辛いんですよ(^^)。
動画撮影能力は高けりゃいいってものじゃありません。ほどほどがいいんです。

以上、賛否両論あると思いますが、あくまでも個人的な感想というより能書きなので
気にしないでね・・・ブツブツ (^^)。

 

 VARIO14-45mm/F3.5-5.6ASPH 試し撮りの感想

やはり3倍ですがズームがあると、撮影範囲は広がります。
ただし、パンケーキレンズのようなボケ味は少ないので期待しない方がいいです。
ただ、このレンズ、レンズ内に手ぶれ補正を持っているので、今回手ブレは無し。
シャッター速度1/15までは大丈夫のようでした。AFのスピードは速いですねぇ〜。
全くストレスは感じません。
広角だから広い範囲を撮影できるし、周辺部まで癖のない描写でなかなかいいレンズですね。
素人でも簡単に、そして気兼ねなく撮影できると思います。
なんと言っても、小さい、軽い、これは一眼では体験できないでしょう。
マイクロフォーサーズがバカ売れしているのも、分かる気がします。

GF1現在経験している不具合について

@マクロモード(中央重点)時、フォーカスが合っていないのにも関わらず、
緑色のフォーカスマークが出てシャッターが押せてしまう。
Aマクロモード時に、ピントが合わなくなるため、いったんMFもしくは遠方へピントを合わせなおす必要がある。
Bシャッター速度が早いにも関わらず、シャッター音が遅い。
C室内で、同一アングルで撮影しているにも関わらず、ホワイトバランスにバラツキがでる。

上記内容はパナへ問い合わせ中ですが、取り扱い説明書レベルの回答しか届きません。

次期ファームでの改善を願う。

 パナソニックお問い合わせ先はこちらです♪

 

デジカメの持ち運びには一個は必要ですよね、持ち運び用のバック♪
本当なら品数豊富なビックカメラで買えばよかったんでしょうけど、
完全な無計画な衝動買いだったので、地元のコジマ電気で買っちゃいましたぁ〜。

入れるものは、 
GF1のパンケーキレンズ、標準レンズ、予備バッテリー2個、小さいブロアー、
そして、レンズクロス、レンズフード、予備メモリなどです。
GF1が小さいので、なるべくバックも小さいものにしました。↓

デジカメバック

写真だと大きさが分かりづらいですけど、一眼レフ用のバックとしてはSサイズです。
先ほどの品々が全て入っちゃいますねぇ。
いい所は、標準レンズを取り付けた上体で、↓ご覧のように下向きにしてピッタリ入るところです。
無駄なスペースが少なくてすみますネ♪

デジカメバック

ケースのサイドには小さなケースがあり、そこにはバッテリー等々が入ります。
いいところは、雨が降ってきたときに、被せられるシートが隠されているところ。
それとズボンのベルトにも通せるような仕組みがあることです。
肩から提げられるベルトも付いてます。 
チャックにはYKKのマークはありませんが、かなりスムーズに開閉できるようです。
こんな無駄遣い?をしているときが、一番楽しいものですね。(^^)。

 

GF1には専用のマクロレンズがあります が、
今まで使っていたクローズアップレンズがパンケーキレンズに使えるんじゃないかと思い、
インターネットを探したんですが、参考になる 情報が見つからず、
まぁ〜使えなければ諦めるかぁ〜ぐらいのノリで、
今日、ステップアップリングを420円で購入し、
早速、 KenkoのClose−UPレンズを順に取り付けてみました。

デジカメ

 

デジカメ マクロ写真

DMC-GF1C LUMIX G 20mm /F1.7 ASPH+クローズアップレンズ試し撮りの感想は・・・・・・♪
単刀直入に 個人的感想を言いますと、これは使えます!。
最初、手ぶれも心配、被写体とレンズの距離等も心配でしたが、
どのパターンも、被写体との距 離は5センチ〜10センチの間でバッチリ合います。
過去、TZ5にクローズアップレンズを取り付けテレマクロで撮影していたときと比べると
こ れは扱いやすかったです。いやいや、専用マクロレンズは必要ないですね(^^)。
NO3あたりのレンズが一個でも、かなり重宝すると思いました。

 クローズアップレンズを付けて遊ぼうよ♪

 1.パンケーキレンズ(レンズ径46o)保護フィルターです。やっぱり付いてると安心です。46o MC プロテクターです。

2.46o デジタルカメラ用フィルター PRO ND4 です。減光フィルターになります。

明るすぎてシャッター速度が最速の1/4000秒になり、絞りF1.7では撮影できない晴天時とか、
川の水の流れをゆっくりと撮影するときなどに使います。このフィルターはよく使います。

3.標準レンズ14-45mmレンズ(レンズ径52o)に取り付けているレンズです。52mm MC プロテクターです。
付けない人もいるようですが、保護フィルターはやっぱり安心ですね。

4.標準レンズだけだとマクロに弱いので、クローズアップレンズをつけてます。花の撮影には欠かせません。倍率の違いによって、NO1からNO10まであるようですが、NO3を使ってます。私の場合は、NO3を2枚買ってさらに近接撮影をしたい場合は、NO3を2枚重ねて使うときがありますが、1個あれば十分だと思います。

5.KENKOケンコー カメラ用フィルター 52mm MCクローズアップレンズNO.3 一般的に、コンパクトデジカメだとテレマクロという撮影はしないかもしれませんが、GF1の標準レンズ14-45mmレンズではテレマクロ(ズームマクロ)を使います。利点は、ズームにすることで遠くから被写体に近づけて、平面的な写真を切り出せます
 

上に戻る